プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Best Year of My Life

The Best Year of My LifeThe Best Year of My Life
(1994/05/25)
オフコース

商品詳細を見る


1984年発表。鈴木康博脱退後、初の作品。従来と比べて、ポップでありながらもハード色を強め、アダルトでモノトーンで無機質的な感じの作風になっています。ヤスさんが抜けたこともあり、楽器の不足を補うべく、「Over」までのアメリカンAOR的なアレンジから、ヨーロピアンな打込みに変化してきているのがわかります。
①「恋びとたちのように」は、小田さん初と言ってもいい「不倫ソング」。サックスのイントロからオフコースは変わったということを印象付けます。個人的にはシングルカットされてもおかしくない曲だと思いますが、やはり歌詞がネックだったのかもしれません。②「夏の日」はセカンドシングルカットされた曲。夏らしいさわやかな感じの曲。コード進行のD D C C Bm Bm という流れは、今までの小田さんになかったもの。③の「僕等の世界に」は松尾さんの3拍子の曲。マイナー調ですが、雄大なアレンジです。途中の転調は不思議な感じがします。④の「緑の日々」もシングルカットされた曲。分厚いコーラスのイントロから入り、マイナーに転調して歌に入るところはゾクゾクします。サビはふたたびメジャーコードに転調します。この曲を小田さんは後にセルフカバーしていますが、個人的にはこのヴァージョンの方が好きです。⑤「君が、嘘を、ついた」はファーストシングル。タイトルの中の句読点にはどのような意味があるのでしょうか。メロディーラインは「Yes-No」に近いのですが、ディストーションの利いたギターリフがカッコいいよりハードロックっぽいアレンジとなっています。歌詞も以前になかった、アダルトな作風になっています。⑥「愛を切り裂いて」は松尾さんの曲。タイトルとおり、ハードでヘヴィーな曲です。この曲も不思議な転調がみられます。⑦の「愛よりも」も松尾さんのブルージーな曲。どこかビートルズの「Come Together」を髣髴とさせる曲調です。⑧の「気をつけて」は一転して、小田さんのやわらかなバラード。一説にはヤスさんにささげた曲と言われますが、歌詞の内容からいってもあながち間違いでないような気がします。隠れた名曲です。⑨「ふたりで生きている」はストリングス基調の小田さんのバラード。
この後、オフコースはシングルを数枚リリースします。引き続きヘビーな曲調の曲「call」、エレピの美しい名バラード「たそがれ」、打込みのピコピコ路線で個人的には失敗作だと思っている「夏から夏まで」と続き、次のアルバム「as close as possible」をリリースしますが、すでに全盛期のクオリティーをそこに見ることはできませんでした。
スポンサーサイト

JEAN KNIGHT

ミスター・ビッグ・スタッフ(紙ジャケット仕様)ミスター・ビッグ・スタッフ(紙ジャケット仕様)
(2009/03/18)
ジーン・ナイト

商品詳細を見る


STAXから1971年に発表された名盤。特に①のタイトル曲は、スタックスを代表する1曲と言えるでしょう。ちなみに僕は本盤のLPとCDを持っているのですが、P-VINEの紙ジャケCDの方の日本語解説表記がJEAN NIGHTとつづりが間違っています。また、LPとCDとでジャケットのデザインが違っていて、LPの方は彼女のご尊顔なのですが、CDの方はこちらの"Mr. Big Stuff"のジャケとなっています。
さて、R&Bチャートで全米ナンバー1ヒット(POPチャートでは全米2位)となった、問題の①のタイトル曲です。マラコのハネたビートが心地よいミディアムです。どこかイナタイ感じもかえって好印象。JERRY PUCKETTによるキャッチーなギターのカッティングが非常に印象的で、思わずコピーしてしまいます。②の「A LITTLE BIT OF SOMETHING」はブルージーなバラードで、これもなかなかいい曲。③の「DON'T TALK ABOUT JODY」はマラコサウンドらしい、やはりイナタイファンク。やはりギターのカッティングが冴えています。④の「THINK IT OVER」はスタンダードっぽいアレンジのストリングスを基調としたバラード。⑤の「TAKE HIM」もハネの利いたブルージーなミディアム。⑥の「YOU CITY SLIKER」も①路線の曲。ほとんどアレンジも類似でキーもEフラットで一緒。もう少し多彩さが欲しいところ。⑦の「WHY I KEEP LIVING THESE MEMORIES」は美しく感動的なスロー三連バラード。傑作です。⑧の「CALL MEYOUR FOOL IF YOU WANT IT」は軽い感じのキャッチーな曲。彼女向きの曲でしょう。⑨の「ONE-WAY TICKET TO NOWHERE」は壮大な感じのスローミディアム。⑩の「YOUR SIX-BIT CHANGE」もギターのリフがかっこいい曲。

AL GREEN (その5)

コール・ミーコール・ミー
(2002/08/21)
アル・グリーン

商品詳細を見る


1972年発表。彼の全盛期の頃の1枚。
「CALL ME」は、これまでの彼のヒット曲の延長上の艶かしいミディアムナンバー。例によってアルペジオを交えたクリアーなティニー・ホッジズのギター。フィリーソウル系よりも控えめで上品なストリングス。どれをとっても非の打ち所のない彼の代表曲。特筆するべきはコード進行で、 F C6 Dm7 Am7 Bb Eb Ab Gb C G9 Eb9 F というハチャメチャですが美しい流れはさすが。「HAVE YOU BEEN MAKING OUT O.K.」は、ファルセットが冴まくるミディアムスローナンバー。「STAND UP」は、ホーンセクションが印象的な、やや骨太の曲。タメのあるリズムが最高。「I'M SO LONESOME I COULD CRY」はC&Wのハンク・ウィリアムズのカバー。正直イマイチ。「YOUR LOVE IS LIKE THE MORNING SON」は、アルのウィスパーファルセットがラヴリーな曲。「HERE I AM」も大ヒット曲。「CALL ME」よりも重心が低く対極にあるような感じの曲。「YOU OUGHT TO BE WITH ME」もアルにとっては正統派?の曲。ややマイナーがかった美しいメロディーに官能的なヴォーカルがかぶさるお得意のパターンです。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。