プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WAR

世界はゲットーだ! 世界はゲットーだ!
ウォー (1995/11/01)
BMG JAPAN
この商品の詳細を見る


1972年に発表された、ストリートファンクの名盤。300万枚も売り上げたそうです(ビルボード1位)。L.A.のバンドということで、ヒスパニック系のラテンサウンドも取り入れていることが彼らの個性に貢献しています。
①の「THE CISCO KID」はそんな彼らの代表作。③の「CITY,COUNTRY CITY」はインストナンバー。ひたすら鳴り響くコンガがサルサっぽい。ジャズ、ラテンなどの要素を上手く取り入れた曲となっています(少し後期トラフィックぽいかな)。④の「FOUR CORNERED ROOM」はスローでヘヴィーな異色作。⑤の「THE WORLD IS A GHETTO」は傑作。ジャジーでファンキーでキャッチーな名曲。刑事物のドラマのBGMで使われそうなシブい曲です。ただ、歌詞はかなりメッセージ色が強いですが。⑥の「BEETLES IN THE BOG」も面白い曲。シンコペーションの強いビートに、ひたすらユニゾンの合唱が続くという曲。ある意味サイケ。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。