プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小坂忠

ほうろう ほうろう
小坂忠 (2001/11/21)
ERJ
この商品の詳細を見る


1975年の作品。プロデューサーは、細野晴臣。ギター、鈴木茂。ベース、細野。ドラム、林立夫。キーボード、松任谷正隆。コーラス、吉田美奈子、山下達郎、大貫妙子、といった超豪華メンバーの演奏。
①の「ほうろう」は細野の曲。ファンキーなワウギターにチョッパーベース、印象的なエレピにヘヴィーなコーラスと、和製ファンクの金字塔というべき作品です。②の「機関車」はヘビーなバラード。和製ゴスペルの金字塔。小坂の独特なヴォーカルが素晴らしい逸品です。実際、彼はこの後クリスチャンに改宗し、ゴスペルアーティストとなっていたのです。③の「ボン・ボヤージ波止場」も細野の曲。ベースのリフがかっこいい曲。スティーヴィー・ワンダーの「くよくよ…」に似た感じです。④の「氷雨月のスケッチ」は、はっぴいえんどの曲。ヘヴィーなアレンジに生まれ変わっています。⑤の「ゆうがたラブ」は面白い曲。スティーヴィー調のファンク。林のウラをとるドラミングが最高。⑥の「しらけちまうぜ」も名曲。70年代のジョニー・ブリストルを髣髴させるアレンジがかっこいい。⑦の「流星都市」はスピナーズを思い起こさせるフィリーソウル調の曲。⑧は矢野顕子の三拍子の曲。⑨の「ふうらい坊」は、クールなニューオリンズファンク調の曲。
ちなみに、小坂はムキムキマンのエンゼル体操の作曲もしていたそうです…
小坂忠のホームページは↓

http://www.chu-kosaka.com/index.html
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。