プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FREDERICK KNIGHT

アイヴ・ビーン・ロンリー・フォー・ソー・ロング アイヴ・ビーン・ロンリー・フォー・ソー・ロング
フレデリック・ナイト (1996/09/10)
ブルース・インターアクションズ
この商品の詳細を見る


1973年の名盤。彼は「南部のカーティス」と呼ばれていたように、非常に多彩な才能を誇る人でもあります。
①の「I'VE BEEN LONELY FOR SO LONG」は有名な曲ですね。ファルセットのヴォーカルが、いかにも彼らしいほのぼのとした曲調にマッチしています。②の「THIS IS MY SONG OF LOVE TO YOU」も同系統のスウィートな曲。③の「TAKE ME ON HOME WITCHA」は地声で歌われるミディアム。サザンソウルのキラーコードである、C→E7→Amという進行が頭で使われており、キャッチーな曲です。⑤の「I LET MY CHANCE GO BY」もハネたリズムとワウギターが素晴らしいミディアム。セヴンスのスパイスも効いていている佳曲。⑥の「YOUR LOVE'S ALL OVER ME」はかっこいいマイナーファンク。途中のおどろおどろしい語りも含め、全体的に少しアイザック・ヘイズっぽい。⑦の「PICK'UM UP,PUT'EM DOWN」は、サイケファンク時代のテンプスそのまんまといった曲であんまり感心しません。⑨の「LEAN ON ME」はディープなバラード。ビル・ウィザースの曲とは関係ありません。個人的には、本アルバムで一番好きな曲です。⑩の「TROUBLE」はカリビアンの影響も感じさせるような曲。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。