プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARTHUR CONLEY

スウィート・ソウル・ミュージック スウィート・ソウル・ミュージック
アーサー・コンレイ (2006/12/20)
ワーナーミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る


1967年発表のアーサーのファーストアルバム。彼はオーティス・レディングに見出され、このアルバムも彼のプロデュースによるもの(一部はリック・ホール)。当時20歳ということもあり、みずみずしいヴォーカルが素晴らしい好盤。
①のタイトル曲。歌詞の中に、ウィルソン・ピケットやオーティス、JBなどが出てくる、先輩をリスペクトする曲。曲自体もサムクックの改作。早すぎた「Yesterday Once More」です。②はスロー三連バラード。転調を重ねていく展開がダイナミック。③の「WHO'S FOOLIN' WHO」は力強いジャンプナンバー。④の「THERE'S A PLACE FOR US」もスローバラード。かなり素晴らしい。⑤の「I CAN'T STOP (NO,NO,NO)」はサム&デイヴ調のジャンプナンバー。⑥の「WHOLESAME LOVE」はミディアムのキャッチーな曲。⑦の「I'M A LONELY STRANGER」は再びスロー。「You'veReally Got A Hold On Me」のようなイントロから入る曲。これもかなりの力作。⑧の「I'M GONNA FORGET ABOUT YOU」は一転してシャッフルの曲。⑨の「LET NOTHING SEPARATE US」もスローバラードで聞き物。ジャンプナンバーでの若さはじける歌い方の一方で、スローでのていねいな歌い方も彼の持ち味。⑩の「WHERE YOU LEAD ME」もキャッチーなビート感あふれるナンバー。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。