プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE BEACH BOYS

サーフズ・アップサーフズ・アップ
(2006/11/15)
ザ・ビーチ・ボーイズ

商品詳細を見る


1971年発表の名盤中の名盤。
「SURF'S UP」というタイトルと印象的な暗いジャケット・・・
①の「DON'T GO NEAR THE WATER」は公害ソングの先駆け。②の「LONG PROMISED ROAD」もカールによるこれまたかなりの名曲。諦観あふれる歌詞とメロディーとヴォーカル。④の「DISNEY GIRLS」は、ブルースの一世一代の大名曲。いや、ビーチボーイズの数ある名曲のうちでもベスト10には入るはず。ノスタルジーあふれる歌詞と微妙な転調、ワルツと美しくとろけるようなコーラス。ママ・キャスなどもカバーしていますが、やはりこのアルバムで聞けるバージョンが最高。⑥の「FEEL FLOWS」は一転してシュールでサイケな展開。フルートが印象的。⑦の「LOOKIN' AT TOMORROW」はアル・ジャーディンの珍しくシリアスな曲。⑧の「A DAY IN THE LIFE OF A TREE」はブライアンによるスピリチュアルで崇高な曲。ただ美しい。タイトルからビートルズへの対抗意識を一瞬連想させますが、曲を聴けばわかるようにそんなかけらは全くありません。ブライアンによる自然回帰のゴスペルソング。⑨の「'TIL I DIE」も本当に死ぬほど美しいブライアンの名曲。

私は大洋に浮かぶ一個のコルク栓
荒れ狂う海の間を彷徨う
海の深さはどれほどあるのだろう
私はどこにいるのだろう

私は山崩れの中の一個の岩
山腹を転がりまわる
谷の深さはどれほどあるのだろう
私の心はこんなにも痛む

私は風にそよぐ一枚の木の葉
すぐに風に吹き飛ばされてしまう
風はいったいどれほど吹くのだろう

私の命が尽きるまで・・・

ブライアンの心中を思うとあふれ出る涙をとどめることができません。そして、⑩のブライアンによるタイトル曲。ことばでどうのこうの言うことが憚れるほどの美しく気高い曲。ビーチボーイズのすべての曲の中でも一、二を争う名曲中の名曲。天高く昇るようなファルセットが痛いほど胸に響きます。
スポンサーサイト

THE BEACH BOYS

ワイルド・ハニーワイルド・ハニー
(2001/06/27)
ザ・ビーチ・ボーイズ

商品詳細を見る


ビーチボーイズの最高傑作といえば、言わずと知れた「PET SOUNDS」であります。ブライアン・ウィルソンの偏執狂的かつ美しすぎるメロディーとコーラスにただ圧倒されるばかりです。信じられないようなコード進行、ナイーヴすぎるトニー・アッシャーらの歌詞…。このアルバムについて語りたいことは山ほどあるのですが、それは数多ある評論にまかせて、本ブログではビーチボーイズのその後のアルバムを見ていきたいと思います。
本作「ワイルド・ハニー」は1967年発表の作品。ビートルズやストーンズにも共通するのですが、凝りすぎた作品の反動として発表されたような感じの、R&B色の強いアルバム。
①のタイトル曲。カールがシャウトするナンバー。ビーチボーイズ十八番のコーラスワークは控えめに、バックの演奏はややサイケ色のあるアレンジ。②の「AREN'T YOU GLAD」はホーンセクションが導入された曲。モータウン風のアレンジだが、いかんせんリズム隊が弱いので、のっぺりした印象は拭えません。③の「I WAS MADE TO LOVE HER」はご存知スティーヴィー・ワンダーのカバー。④の「COUNTRY AIR」はマイナー調のコーラスが美しい佳曲。口笛の音もどこかせつない。⑥の「DARLIN'」はカールのヴォーカルによる名曲。流れるようなそれでいて少し甘酸っぱいメロディーが美しい。この曲のプロトタイプは数年前に完成していたということもあり、往年の彼等のメロディーも髣髴とさせます。DAVID CASSIDYや山下達郎のカバーも秀逸。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。