プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHAIRMEN OF THE BOARD

チェアメン・オブ・ザ・ボードチェアメン・オブ・ザ・ボード
(2003/06/25)
チェアメン・オブ・ザ・ボード

商品詳細を見る


70年発表の彼等のデビュー作。といっても、メンバーのジェネラル・ジョンソンはショウメンというグループですでに活躍していました。プロデュースはHDHです。
①の「GIVE ME JUST A LITTLE MORE TIME」は、ジェネラルの鼻についたヒステリックなヴォーカルが独特の魅力を醸し出している曲。②の「COME TOGETHER」はビートルズ。③の「BLESS YOU」はいきなりヴォーカルから始まる曲。メロディだけを聞くとソフトロック調です。④の「PACHES」はクレランスカーターが後にカバーした曲です。キャッチーな名曲です。⑤の「SINCE THE DAYS OF PIGTAILS」のリードはダニー・ウッズです。彼の方がオーソドックスな歌い方をします。⑥の「YOU GOT ME DANGLING ON A STRING」も③の路線の曲で、なかなかキャッチー。往年のモータウンサウンドを70年代にリメイクしたような感じの名曲。イギリスのファウンデーションズあたりが演りそう。⑦のジミー・ウェブがかつてリチャード・ハリスに書き下ろした「DIN'T WE」はよくわからない選曲。⑧の「FEELIN' ALRIGHT」はトラフィックのデイヴ・メイソンの曲をカバーしたもの。⑨はなぜか「MY WAY」。この辺は早送りして、⑩の「TRICKED & TRAPPED」はファンキーなデトロイトファンク。これは文句なしにかっこいい名曲。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。