プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE CHI-LITES その2

(フォー・ゴッズ・セイク)ギヴ・モア・パワー・トゥ・ザ・ピープル(フォー・ゴッズ・セイク)ギヴ・モア・パワー・トゥ・ザ・ピープル
(2001/12/21)
ザ・シャイ・ライツ

商品詳細を見る


シャイライツの3作目。1970年発表。彼等の代表作と言っても良いでしょう。アレンジも大分洗練されてきました。バラード良し、ファンク良しの傑作アルバムです。
①の「YES I'M READY」はいきなりバラード。後年の大名作感涙バラード「LETTER TO MYSELF」の原型といった感じでしょうか。②の「WE ARE NEIGHBORS」は傑作ファンク。彼等のキャリアの中でも最高傑作の1つに入るでしょう。サイケファンクをベースに重量ベース、印象的なホーンが絡み、コーラスも冴えています。③の「I WANT TO PAY YOU BACK」は再びバラード。ユージンのファルセットヴォーカルが印象的です。メロディーもスウィートで美しい名曲。④の「HAVE YOU SEEN HER」も傑作スウィート感涙バラードで彼らの代表曲のひとつ。語りから入り、印象的なコーラスへとなだれ込む瞬間はやはり鳥肌が立つほど震えます。イントロのファズギターは普通このような曲では使われませんが、意表を突いて良い感じです。⑤のタイトル曲は、ジョン・レノンのカバーっぽいですが実は違い増す。この時代ならではのカッコいいヘヴィーファンクです。⑥の「LOVE UPRISING」は軽いシャッフルナンバー。ユージン・レコードのセンスの良さを感じさせる一曲です。⑧の「YOU GOT ME WALKIN'」も3連のシャッフルナンバー。セヴンスコードがお洒落です。
スポンサーサイト

THE CHI-LITES

アイ・ライク・ユア・ラヴィン(ドゥー・ユー・ライク・マイン)+2アイ・ライク・ユア・ラヴィン(ドゥー・ユー・ライク・マイン)+2
(2001/10/24)
ザ・シャイ・ライツ

商品詳細を見る


シカゴソウルグループの大御所。本作は2作目なのですが、1作目と4曲を除いてダブっております。ただ、1作目は単独でCD入手が難しいようですので、今回は2作目の本アルバムをとりあげることにしました。
①の「ARE YOU MY WOMAN?」はアフリカンなリズムに、ベースの「レッド」ジョーンズと、ユージン・レコードのファルセットがからむ、カッコいいファンク。ホーンのリフも素晴らしい。②の「TROUBLE'S A COMIN'」はメロディアスなミディアムナンバー。③の「24HOURS OF SADNESS」は後述する「GIVE IT AWAY」にイントロがそっくりなのですが、7thコードを使ったメロディアスなファンクでなかなかの佳曲。⑤の「LET ME BE THE MAN MY DADDY WAS」はミディアムナンバー。これもホーンセクションのオブリガードのところが「GIVE IT AWAY」に部分的に似ています。⑥の「I LIKE YOUR LOVIN'」はサイケに走った頃のテンプスを彷彿とさせるヘヴィーなファンク。ベースラインの音色がカッコいい。⑧の「GIVE IT AWAY」は1969年発表の彼ら初のヒット。ミディアムファンクがお洒落で心地よい曲。正直、バックの演奏はバラバラで下手くそなのですが、それを物ともしない楽曲の良さです。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。