プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHERYL LYNN

Cheryl LynnCheryl Lynn
(1990/10/25)
Cheryl Lynn

商品詳細を見る


1978年発表。
①の「GO TO BE REAL」はディスコクラシックとして、あるいはドリカムの「決戦は日曜日」のパクリ元としてあまりにも有名な曲です。確かによく出来た曲だと思います。②の「ALL MY LOVEIN'」はビートルズのカバーではありません。これもかっこいい曲。ジャズファンクにはまっていた頃のスウィングアウトシスターが演りそうな曲とアレンジです。③の「STAR LOVE」は、哀愁系のメロディーとシンセファンクが合体した、日本人受けそうな曲です。さすがに今聞くと時代を感じてしまいますが。④の「COME IN FRONT THE RAIN」はレイドバックした、ややレゲエ調のアレンジがお洒落。⑧の「YOU'RE THE ONE」はコード進行がお洒落なシティーバラード。⑨の「DAYBREAK」はピアノ主体の美しく雄大なバラード。総じて本作は、①のイメージが強いですが、2~3曲のシンセが強すぎるアレンジの曲を除けば、佳曲ぞろいの好盤だと言うことができるでしょう。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。