プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE CHERRY PEOPLE

Golden Classics EditionGolden Classics Edition
(1994/08/17)
Cherry People

商品詳細を見る


1968年発表。チェリー・ピープルはアメリカはボストンのグループで、本作はジェリー・ロスのプロデュース。
①の「AND SUDDENLY」は、同じソフトロックグループのレフトバンクのカバー。バブルガムっぽいノーザンソウルといった感じのアレンジです。「アー」というオノヨーコばりの妖艶なコーラスはご愛嬌。②の「GIRL ON THE SUBWAY」も初期チューリップを彷彿とさせる、遊び心あふれた楽しい曲。高音の速弾きベースが独創的。③の「ON TO SOMETHING NEW」はコーラスが美しい、ソフトロックの王道を行くような曲。④の「IMAGINATION」は、ヴォーカルにイコライザー処理をした幻想的な曲。コード進行も浮遊感があります。⑧の「I'M THE ONE WHO LOVES YOU」はマイナー調のサイケなナンバー。⑨の「DON'T HANG ME UP GIRL」も変なコード進行の曲。変であるがゆえに妙に印象に残ります。全体を通して、分離の悪いモコモコとしたアレンジは好き嫌いが分かれるかもしれません。個人的には嫌いではありません。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。