プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE CITY

夢語り(紙ジャケット仕様)夢語り(紙ジャケット仕様)
(2007/10/31)
シティ

商品詳細を見る


1968年作。キャロル・キングと彼女の新夫であるチャールズ・ラーキー、そしてダニー・クーチーのトリオ。セッションドラマーとしてジム・ゴードンが迎えられています。
①の「SNOW QUEEN」はロジャニコやアソシエーションのカバーでも有名ですが、超名曲です。3拍子であるにもかかわらず、ゴードンの踊るようなドラムの素晴らしさ。総合的なアレンジではロジャニコの方が洗練されていますが、いかんせん曲が良いので、こちらの荒削りのヴァージョンでもまた違った魅力を楽しむことができます。②の「I WASN'T BOR N TO FOLLOW」はバーズもカバー。小曲でレイドバックした感じの落ち着いた曲です。本アルバムは、総じてどの曲もレベルが高いのですが、どうしても別格の名盤である「つづれおり」と比較してしまうと、影が薄くなってしまうという不幸があります。それでも凡百のSSWの名盤と比較しても、かなりの上位であることは間違いありません。⑪の「HI-DE-HO」はBLOOD, SWEAT&TEARSのカバーでも有名です。キャロキンはこのような曲を書かせたら天下一品です。それにしても、全体的に歌詞カードのディクテーションが所々間違っているような気がするのですが・・・。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。