プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE CYRKLE

The MinxThe Minx
(2003/03/25)
The Cyrkle

商品詳細を見る


1969年発表の伝説のソフトロック名盤。ある意味、不遇な彼等の埋もれた名作です。
①の「SQUEEZE PLAY」は胸が切なくなるような佳曲。美しいメロディーに青臭いハーモニーが最高。②の「THE MINX」はボサノヴァ・スキャットの名曲。夢見心地です。おそらく小山田圭吾あたりが影響を受けていたと思われます。③の「MURRAY THE WHY」。ひたすらキャッチーな曲です。④の「THE RIGGINS」は、あのGREEN ONIONをサイケにした感じの曲です。⑦の「IT'S A LOVELY GAME LOISE」は美しいピアノが印象的なラブバラード。これも最高の出来。⑨の「SOMETHING SPECIAL」はマイナー調の懐かしいメロディーを持つキャッチーなメロディーが印象的な佳曲。⑩の「ON THE ROAD」は5拍子を基調としたインスト。
本アルバムはもともとC級ポルノ映画のサントラとして企画されているために、「サークル」の名は前面に出ていません。が、その内容はドリーミーかつ美しい曲ばかりで、お勧めの一枚です。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。