プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE EBONYS

エボニーズエボニーズ
(2003/05/21)
エボニーズ

商品詳細を見る


1973年発表。フィリーソウルの代表的名盤。一時はとても入手困難なレコードとされていました。とろけるようなMFSBの演奏と、美しいハーモニーに力強いバリトンとの見事な対比。ファルセットに女声もあるので、華やかでスウィートそしてキャッチーなメロディーと、批判のしようのない内容となっています。
①の「HOOK UP AND GET DOWN」はギャンブル=ハフ作のいかにもフィリーという感じの曲。分厚いコーラス、動き回るベース、バリトンとファルセットの掛け合い、メジャーとマイナーを行き来する不思議なコード進行、すべてが最高。②の「IT'S FOREVER」は彼らの中では最も有名なティアジャーカーで、不朽の名バラード。余談ですが、私も結婚式のBGMに使わせてもらいました。美しい女声の「ラララ…」に始まって、美しいコーラス、そしてタメにタメたところでバリトンが入ってくる瞬間は鳥肌がたちます。その後ファルセットが続き、バリトンとの掛け合いとなったところで、サビのコーラスへと戻ります。メジャーセヴンスの響きも美しい。身も心もとろけてしまい、この曲が永遠に続いてほしいと思います。③の「LIFE IN THE COUNTRY」はファルセット基調の幻想的なバラード。④の「SEXY WAYS」はご機嫌なアップテンポの曲。これもギャンブル=ハフの作で、とてもキャッチー。⑤の「I'M SO GLAD I'M ME」もアップテンポの曲。バリトンヴォイスが気持ち良い。⑥の「I'LL TRY」は美しいバラード。これもバリトンとファルセットの掛け合いが見事。⑦の「NATION TIME」は流麗なフィリー風ファンク。これも佳曲。サビでメジャーからマイナーになるところなんか、最高。⑧の「I BELIEVE」はバラード。⑨の「YOU'RE THE REASON WHY」もやはりバラード。②に匹敵する素晴らしい曲で、とろけるようなハーモニーとバリトン、ファルセット、女声の競演がグレート。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。