プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE HOLLIES

バタフライバタフライ
(2006/10/11)
ホリーズザ・ホリーズ

商品詳細を見る


1967年に発表された、イギリス中堅バンドの傑作。
①の「AWAY AWAY AWAY」はいかにもホリーズならではという、美メロ、美コーラス、16分を刻むリズムとギターのカッティング、ややサイケな曲調と、いうまでもない曲。イントロはクリームのあの曲に似ている!②の「AWAY AWAY AWAY」はラブリーでポップで軽やかな曲。③の「MAKER」は、この時代ならではのインド風の曲。⑦の「POSTCARD」はマイナー調で耳に残る覚えやすい曲調。⑧の「CARLIE AND FRED」はいかにも彼ららしいハーモニーの曲。アレンジもイギリスのバンドらしくややトラディッショナルな感じがします。⑨の「TRY IT」も①の路線の佳曲。ややサイケ色が強いスペイシーなアレンジ。ストーンズの「2000光年」を彷彿とさせます。⑪の「STEP INSIDE」は甘すぎるほどのポップな曲。⑫のタイトル曲は一転してクラシカルな感じ。ストリングスとフルートが中心のアレンジ。エピローグに相応しい曲。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。