プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE O'JAYS

裏切り者のテーマ 裏切り者のテーマ
オージェイズ (1994/01/21)
ソニーミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る


フィリーソウルの名作です。これまたキャッチーな名曲ぞろい。特に2曲目のタイトル曲は、フィリーソウルの代表的な一曲として知られています。この曲は何と言っても、イントロのMSFBの重鎮、ノーマン・ハリスのギターが印象的です。彼得意のオクターブ奏法が冴え渡っています(ビリー・ポールの「Mr.&Mrs.Johns」でのオクターブ奏法も良い)。最初のコードがⅤ6なので(CmのキーでB♭6)、メジャーともマイナーともつかない感じを醸し出しています。またソウルのバッキングギターに欠かせないのが「スライド」ですが、ノーマン・ハリスのそれはハイのティニー・ホッジスと並んで最も美しいものだと思います。
オージェイズの魅力は、他の同時期のグループと比較すると、ブルーノーツよりもリードが強すぎない(チームワークが良い)、ドラマチックスよりもキャッチー、スピナーズよりもヘビー、スタイリスティックスよりも甘すぎない、といったところで、中庸の良さといったところがあり、それが長い間活動を続けていることができた秘訣となっているような気がします。もちろんゴスペルベースのエディ・リヴァートのリードは素晴らしいものがあります。
本作もソウル入門編としてぜひ挙げておきたい名盤です。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。