プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE LOTUS EATERS

ノー・センス・オブ・シン/No Sense Of Sinノー・センス・オブ・シン/No Sense Of Sin
(2008/08/26)
ザ・ロータス・イーターズ/The Lotus Eaters

商品詳細を見る


1984年発表の、イギリス・ネオアコの名盤。アコギ、ピアノ、シンセを中心とした繊細で清涼感ある音づくりに好感を持つことができます。それでいて全体の雰囲気は、モノクロームな印象も受けます。アレンジもかなり凝っており、リスナーを飽きさせることがありません。
②の「LOVE STILL FLOWS」は最もキャッチーな曲。シンセを使っているものの、今聞いてもそれほど古臭い感じがしないのはさすが。サビでの転調がとても強烈で印象的です。⑤の「PUT YOUR OWN TOUCH」はマイナー調の曲。ロキシーの後期に似た、スペイシーなサウンドとメロディーが素晴らしい曲です。彼らの曲の歌詞は、青臭くて抽象的なものが多いのですが、このような行間あふれるメロディーが非常によくマッチします。アメリカ人にはなかなかこのような曲は作れないでしょう。⑥の「TOO YOUNG」なんか、タイトルからして彼等らしいでしょう。⑨の「THE FIRST PICTURE OF YOU」は彼等のファーストシングル。ピアノとギターのアルペジオからバラード調に始まり、サビで一気に他の楽器が入って盛り上がります。でも、今CDで再発されているこのアルバムには、オリジナルLPに含まれていた曲が権利や本人の承諾等の関係で3曲も含まれていません。。。後半は、幻の未発表だった彼等のセカンドアルバム収録予定曲だそうです。マイナーコードの曲が一転して多くなりました。曲のクオリティーは一枚目よりも同等以上と言えます。当時発売されていたならと悔やまれます。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。