プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE LOVE AFFAIR

Everlasting Love AffairEverlasting Love Affair
(2003/11/25)
Love Affair

商品詳細を見る


1968年発表。イギリスの若手バンド。あえて言えば、ソフト・ソウル、ソフト・ロックといったアプローチをしていました。
①の「EVERLASTING LOVE」は、一発屋ソウルシンガーのロバート・ナイトのカバー。なかなか渋い選曲です。②の「HUSH」は以前も取り上げましたが、ジョー・サウスのカバー。オルガンがこの時期特有の雰囲気を醸し出しています。③の「60 MINUTES (OF YOUR LOVE)」も、HAYES/PORTER作のカバー。Dr.FEELGOODなどいくつかのアーチストがカバーしています。⑤は一転して、キャット・スティーヴンスの「THE FIRST CUT IS THE DEEPEST」。この節操の無さが面白い。⑨の「A DAY WITHOUT LOVE」はソフトロック調のなかなか良い曲。女性コーラスと適度に跳ねるビート。美しいストリングス。フライングマシーンの「ローズマリーちゃん」が好きな人にはたまらないでしょう。⑩は有名な「TABACCO ROAD」。無数のカバーがありますね。⑫の「HANDBAGS AND GLADRAGS」は、後にマンフレッド・マンで歌うことになる、マイク・ラボの曲。ロッド・スチュワートのヴァージョンが最も有名です。⑭の「PLEASE STAY」はバカラックの曲。こちらはドリフターズのヴァージョンが有名です。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。