プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MICHEL POLNAREFF

シェリーに口づけ~ベスト・オブ・ミッシェル・ポルナレフシェリーに口づけ~ベスト・オブ・ミッシェル・ポルナレフ
(2008/09/03)
ミッシェル・ポルナレフ

商品詳細を見る


60年代末から70年代はじめにかけて活躍したフランスのシンガー。本作はベスト盤。フランス語のアクサン記号は勘弁してください。
①の「TOUT,TOUT POUR MA CHERIE(シェリーに口づけ)」は彼の代表作。CMなどで耳にされている方も多いでしょう。ほとんどバブルガムといってもよい一度聞いたら忘れられないキャッチーなメロディーと、フランス語をちょっと勉強すればわかるような歌詞。それでいて割りと凝ったとろけるようなアレンジは、ポップスの王道を行く大傑作です。②の「素敵なランデブー」は、分厚いコーラスがとても美しく楽しい曲。③の「愛の願い」は 一転してヨーロピアンなピアノバラード。ファルセットを交えたミッシェルのヴォーカルが耽美さを引き立てています。⑤の「ノンノン人形」は彼のデビュー曲。①の路線のようにポップな曲ですが、まだアレンジは薄いのがわかります。⑥の「バラ色の心」は、ピアノタッチの曲にストリングスのバック、ミッシェルのファルセットを交えた、いかにもフランスっぽいお洒落なバラード。⑦の「ラース家の舞踏会」はヨーロピアンな美しいバラード。パイプオルガンが印象的です。⑨の「悲しきマリー」は最初期の曲。哀愁漂うマイナー調のメロディとマンドリンのトレモロが、いかにも日本人好みしそうな曲です。どこかヴィレッジ・ストンパーズの「ワシントン広場の夜は更けて」を思い起こさせます。⑩の「ギリシャにいるジョルジナへ」は、ギリシャの弦楽器、ブズーキを使った曲。⑪の「ロミオとジュリエットのように」は、ファルセットを駆使した壮大でクラシカルな曲。彼ならでの唯一無比の曲です。⑫の「想い出のシンフォニー」は、狂想曲のような速い歌い出しから、クラシカルでありながらミッシェルがシャウト気味に歌い上げるサビへと移ってゆく、ドラマチックな大曲。の「愛のコレクション」はもの悲しいメロディーのバラード。これも日本人受けしそう。しかし、なんで日本人はタイトルの邦題を「愛の・・・」とするのでしょうか。⑰の「哀しみの終わるとき」は、イントロなしの、これまたマイナー美メロの名曲です。本当に官能的なヴォーカルです。⑱の「愛の休日」は、日本人が一番好きな彼の曲でしょう。この曲で彼のファルセットボーカルに惚れてしまったひとも多いはずです。この世のものとは思えないとろけるような天上のメロディー。ヨーロピアン・ロマンティシズムの極致がこの曲にあるといっても過言ではありません。Am⇒Dという印象的なコード進行から始まり、間奏でF#mに一旦転調する展開も見事としか言いようがありません。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。