プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MARVIN GAYE(その2)

ミッドナイト・ラヴ(紙ジャケット仕様)ミッドナイト・ラヴ(紙ジャケット仕様)
(2011/04/06)
マーヴィン・ゲイ

商品詳細を見る

 
マーヴィンが生前最後に発表した最後のアルバム。1982年発表。離婚や借金問題、ドラッグ漬けでボロボロになっていたマーヴィンがモータウンからCBSに移籍して放った最後の奇跡。ローランドのTR-808を使用したチープな打ちこみサウンドが、その後のR&Bの先駆的役割を果たしたことはよく知られています。
①の「MIDNIGHT LADY」は刹那的なダンスフロアを歌った曲。ミニマムな打ちこみサウンドなのにこれだけ素晴らしいのは、他にはスライの「フレッシュ」、プリンスの「サイン・オブ・ザ・タイムズ」くらいです。もっとも、マーヴィン自身はもっとパーソナルな内容のアルバムにしたかったようですが、友人でプロデューサーのHARVEY FUQUAのもっとコンテンポラリーで売れ線の内容にするべきという忠告に従ったようですが。②の「SEXUAL HEALING」は1stシングルカットされ全米No.3ヒットを記録した曲。タイトル通り、欲求不満な内容の歌詞です。808(ヤオヤ)のリズムに、Gordon Banksのカッティングが気持ちいい曲。最後のフェイド・アウトのどさくさにまぎれてとんでもない歌詞を歌っています。③の「ROCKIN' AFTER MIDNIGHT」もやはり、ただやりたいだけの歌詞ですが、雰囲気的には初期の「STUBBORN KIND OF FELLOW」に似ています。④の「'TILL TOMORROW」は幽玄な3連ラブバラード。マーヴィンの語り、バリトン、ファルセット、多重コーラスが味わえる絶品の曲です。⑤の「TURN ON SOME MUSIC」の歌詞も意味深でエッチな歌です。戦前デルタブルースの頃から脈々と受け継がれている暗喩の描写が光っています。⑥の「THIRD WORLD GIRL」はタイトルからも想像できるように、レゲエから影響を受けたような曲ですが、いかにもジャマイカに対してステレオタイプ過ぎるような気がします。⑦の「JOY」もシングルカットされた曲。エレクトリックファンクっぽさが、いかに80年代という感じです。⑧の「MY LOVE IS WAITING」は、本アルバム製作に協力してくれた、HARVEYやGORDON、そして神への謝辞から入ります。ギターリストのGORDONの作による実に心温まるミディアムに仕上がっています。
スポンサーサイト

MARVIN GAYE

Midnight LoveMidnight Love
(2000/06/01)
Marvin Gaye

商品詳細を見る


マーヴィンの生前最後の作品。1982年発表。打ち込みを大胆に使った意欲作。さすがに今聞くとサウンド面の古さは否めないところがありますが、それを補って余りある曲の良さ、マーヴィンのセクシーな歌声です。808のリズムマシーンを使った最初期の作品としても有名です。プロデュースは、ハーヴィ・フークワ。
①の「MIDNIGHT LADY」は、この時代のピコピコファンクにも通じるような作りですが、やはり曲自体のクオリティーが高いので聴けてしまいます。カッコいいリフを決めるホーンセクションも、マーヴィンがシンセで演奏しているようです。ちなみにこの曲のドラムは、ジェームズ・ギャドソン。②の「SEXUAL HEALING」は、「LET'S GET IT ON」以来の得意のエッチネタものです。この曲もリズムに隠れて見逃しがちなのですが、とてもメロディアスな曲です。③の「ROCKIN' AFTER MIDNIGHT」もファンク調のエッチな曲。④の「'TIL TOMORROW」は、スローな3連バラード。ファルセットを時折交えたマーヴィンのボーカルは、あまりに官能的です。⑤の「TURN ON MUSIC」は、3枚のレコードの音楽が流れている間愛し合おうという、これまた深い意味を持つ曲。男のたくましさを誇示しているような意味深な歌詞です。⑦の「JOY」は、サックスとチョッパーベースがファンキーな曲。⑧の「MY LOVE IS WAITING」は、マーヴィンのリスナーとスタッフと神に対する謝辞から入る曲。ミディアムでソフトな心温まるファンク。

MARVIN GAYE

The Very Best of Marvin Gaye [Motown 2001] The Very Best of Marvin Gaye [Motown 2001]
Marvin Gaye (2001/07/17)
Motown
この商品の詳細を見る


本来、ベスト盤を紹介することは私の本意ではないのですが、あまりにも偉大なマーヴィンの場合、この一枚と呼べるものがあまりにも多く、またあまりにも有名な「WHAT'S GOIN' ON」以前のオリジナルアルバムがあまりCD化されていないということを鑑みて、ベスト盤をご紹介することとしました。本作を聞いて感動された方はぜひオリジナル盤を聞いてください。特に後期の作品は、ブラックミュージックでは彼が初と言われるトータル性のある作品が多いので、ぜひオリジナルを聞いてくださいね。
さて1枚目、1曲目はトータス松本が「VOXY」のCMで歌っていたあの名曲です。イントロのA7のコードがジャラーンときて、マーサー&ヴァンテラスの「トゥットゥルルー」とからみ、Dm7→G7→Cというやや変則的なコード進行がとても印象的です。初期の頃の彼はこのようにシャウトを多用していました。2曲目もヴァンテラスのコーラスにセヴンスのスパイスが効いたおいしい作品。4曲目はプロデュースがH-D-Hとなり、よりバックビートの効いたモータウンらしさの萌芽がみられます。6曲目はシャッフルのリズムが気持ち良い名曲。ジョー・メッシナーのバックビートギター、ジェームス・ジェマーソンのベース、アール・ヴァン・ダイクのキーボードが渾然一体となったいかにもモータウンらしいミディアムナンバー。7曲目もリフがかっこいいナンバー。ここではマーヴィンのヴォーカルはかなり熱が入っています。それにしてもマーヴィンはシャウト、ファルセット、ポピュラー系など七色の声を持っています。こんなにいろんな声を持つヴォーカリストは、他にポール・マッカートニーニルソンくらいではないでしょうか。8曲目は、アール・ヴァン・ダイクのキーボードとロバート・ホワイトによるギターのユニゾン・リフがかっこいいナンバー。これもセヴンスのスパイスが効いています。10曲目は彼の永遠の恋人、タミー・タレルとのデュエット。後にこの曲をダイアナ・ロスがカバーしますが、いかんせんダイアナは軽すぎるというか情感がないというか。ちなみにマーヴィンとダイアナは後年デュエット・アルバムを出しますが、どうもしっくりきません(ヴォーカル録りは別々だったそうです)。「MY MISTAKE」なんて曲はすごくいいのに残念です。11曲目もタミー・タレルとのデュエット名曲です。イントロのジェマーソンのベースとジョーのギターのユニゾンリフが印象的。サビに入って転調する瞬間の心地よさ、2番のタミーの歌いだしの色っぽさが感動的です。16曲目(邦題:悲しいうわさ)も有名な曲ですね。グラディス・ナイトのヴァージョンはR&Bの雰囲気がありましたが、プロデューサーのノーマン・ホイットフィールドによってサイケな味付けがされました。その後ノーマンはスライ・ストーンなどの影響によってますますサイケな方向に走り、テンプテーションズなどはその餌食になってしまいます。18曲目も同系統の曲。
さて、2枚目。ヴォーカリストから、クリエーターの領域へと突入したマーヴィン。1曲目、2曲目はもう何も言うことがないでしょう。でもベスト盤を頭から聞くとこの曲からいきなり音質がクリアーになります。おそらく「サージェント・ペパーズ…」やフィリーソウル、ラテンの音を研究していたとは思いますが、1971年でこのクオリティーは奇跡です。7曲目はワウワウ・ワトソンのギターが印象的なナンバー。マーヴィンは、アル・グリーンとは一味違った官能的な歌い方をします。ヴォーカリストとしての彼の歌を聞くならばこの曲の入ったアルバムがおすすめ。10曲目も「うめき声」から入る官能路線。15曲目は、YAMAHAのリズムマシーンの名機「TR-808」(ヤオヤ)が使用されていることで有名な曲。
ということで、言いたいことの10分の1も言えませんでした。やはりベスト盤の紹介はキツイ。とは言ってもマーヴィン・ゲイはソウル界の宝です。みなさん、ぜひ聞いてくださいね。

↓は別のベスト盤です。






 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。