プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAMA CASS (CASS ELLIOT)

私の小さな夢私の小さな夢
(2001/06/27)
ママ・キャス

商品詳細を見る


ママ・キャスが、ママス&パパスの解散後、初めて発表したソロ作。1968年発表。プロデュースはジョン・サイモン。レコーディングは10日もかからなかったという、ほとんどライブ盤に近いノリが特徴です。構成としては、コンセプトアルバムっぽい感じがします。曲調も、ブルースからカントリー、クラシックからジャズ、アメリカンルーツミュージックなど、ママス&パパスではできなかったことをやってみたいという本人の弁どおり、多彩なアレンジが施されています。参加ミュージシャンも超一流ぞろいです。
①の「DREAM A LITTLE DREAM」は有名なスタンダード曲のカバーで、ジャジーなアレンジが素敵。②の「CALIFORNIA EARTHQUAKE」は、ブルーグラスミュージシャンのジョン・ハートフォードの曲。意外とグルーヴィーなアレンジがされています。③の「ROOM NOBODY LIVES IN」は、ラヴィン・スプーンフルのジョン・セバスチャンの曲。ストリングの演奏のみをバックに歌う、スローでドリーミーなバラード。④の「TALKING TO YOUR TOOTHBRUSH」はジョン・サイモンのペンによる曲。今度はドブロギターのスライドが渋い、ブルージーな曲。⑤の「BLUES FOR BREAKFAST」は、THE BANDのリチャード・マニュエルの曲。ボブ・デュラン&ザ・バンドの「地下室」にも収録されている曲。三連のピアノがカッコよすぎる。⑥の「YOU KNOW WHO I AM」はレナード・コーエンのバラード。マイナー調の導入部から、壮大なサビへと突入する瞬間が最高。⑦の「RUBBER BAND」はブラスバンドの演奏がバックの愉快な曲。⑧の「LONG TIME LOVING YOU」は、スチュワート・シャーフのクラシカルな曲。⑨の「JANE, THE INSANE DOG LADY」は一転してC&W。とにかくこのアルバムは、めまぐるしく曲調が変わります。⑩の「WHAT WAS I THINKING OF」はクラシカルでブルージーで、なおかつ古き良き時代を思わせる曲。⑪の「BURN YOUR HATRED」は、ホリーズのグレハム・ナッシュの曲。ディミニッシュのコード進行とドブロギターが幻想的なカントリータッチの曲。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。