プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEIL YOUNG その2

ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
ニール・ヤング、クレイジー・ホース 他 (2005/09/21)
ワーナーミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る


前回に引き続き、勢いでニール・ヤングで行ってしまいます。今回はソロ2作目です。
①は有名かつ名曲ですね。ニール独特のコード進行が相変わらず光ります。

D Am C G D

CRAZY HORSEを引き連れての演奏となり、前作と比べてかなりハードとなりました。ニールの弱々しいヴォーカルも力強さを増しています。②はカントリータッチの曲。③は三拍子の不思議な曲。ニールの声で三声コーラスをつけられると、ある意味不気味なものがあると思うのは私だけでしょうか。このアルバムは長い曲が多く、A面4曲、B面3曲で、それだけ自分の曲に自信が出てきたのでしょうか。④も9分強にわたる長尺曲。この時代によく見られたサイケデリックマイナーコード進行、Em7→A7の繰り返しでニールの長いギターソロを聞くことができます。それにしてもこの人のギターは本当に独特です。リズム感があるようでないような、考えているようで考えてないような、めちゃくちゃなようで計算されているような、下手なようで上手いような、本当にこの人独特です。ヴォーカルも素晴らしく、このアルバム最大のハイライトとなる曲です。⑥は非常に暗い曲。ヴァイオリンの音色が切なく響きます。⑦も10分強にわたる曲。イントロおよび間奏のAm→Fのコードの繰り返しでニールが例のギターソロを弾きまくります。ギター、ヴォーカルともに、ニールのエッセンスがすべて出揃った名曲です。アルバム最後の曲は、このようにたいてい重くて長い曲が多いですね。
次のアルバム、「AFTER THE GOLDRUSH」はもちろんニールの最高傑作ですが、そこへの布石がこのアルバムには出揃っています。ここでの試行錯誤が次のアルバムへとつながったのではないでしょうか。
なお、本作以降の「ゴールドラッシュ」や「ハーヴェスト」はどのガイドブックでも紹介されているような名盤ですので、本ブログではあえて御紹介いたしません。あしからずご了承ください。
スポンサーサイト

NEIL YOUNG

Neil Young Neil Young
Neil Young (1990/10/25)
Reprise
この商品の詳細を見る


ニール・ヤングのソロ一作目(1969年)。ニールの作品、特に初期のものはどれも水準が高く、この一枚というものを選ぶのは難しいのでとりあえず今回はこれをご紹介し、あとはまた後日ということでご勘弁ください。
①の「THE EMPEROR OF WYOMING」はいきなりのカントリーフォークな感じで、バッファローでの雰囲気とは全く違い度肝を抜かれます。②の「THE LONER」は名曲。その後のニールを占うような独特のコード進行が見られます。

G7 D7 G7 D7
G Am Dm Dm

セブンスで始まり、いつのまにかマイナーで終わってしまうという、分裂症的な流れの萌芽がここに見られます。またこの曲を聴くと、70年代初めの日本のロックに与えた影響を感じます(特に、鈴木茂や村松邦男などのギターリスト)。③の「IF I COULD HAVE HER TONIGHT」は後の「アフター・ザ・ゴールドラッシュ」に見られるようなモノローグ的な感じの曲。④「I'VE BEEN WAITING FOR YOU」 はマイナー調の名曲。「サザンマン」の先駆的な作品。ニールのギターソロが左右にパンしてシュールな感じ。デヴィッド・ボウイ、ピクシーズ、ダイナソーJr.などのカバーもあります。この曲もそうですが、本アルバムではニールのヴォーカルがずいぶん引っ込んだ感じがします。これはこれでまた効果的だと思います。⑤の「THE OLD LAUGHING LADY」は静かな出だしですが、終盤からゴスペル調のコーラスとジャック・ニーチェの編曲によるストリングスオーケストラが入り、荘厳な感じです。⑥の「STRING QUARTET FROM WHISKEY BOOT HILL」はジャックによるヴァイオリンの淋しい音色の間奏曲。⑦の「HERE WE ARE IN THE YEARS」はジェームス・テイラーよりも前に田舎回帰を歌った曲。
このアルバムの曲は暗い曲が多いのが特徴です。いわば、ニールのモノローグというか私小説的な曲が多く、誰のためにというわけでもなく彼はつぶやくように歌っています。感情を内に秘めたような、なにか悲しげな彼の歌は聴く者の心を打ちます。後年の「ゴールドラッシュ」や「ハーヴェスト」、「今宵…」などのアルバムとぜひ聞き比べてください。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。