プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RON DANTE

ブリングス・ユー・アップ ブリングス・ユー・アップ
Ron Dante (1998/06/20)
コロムビアミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る


裏方のセッションシンガーとして主に活躍していたロン・ダンテの初のソロアルバム(1970年発表)。オリジナルアルバムのジャケットは、ロンの笑顔が写っているはずなのに、これはどうしたことでしょう。シヴォレーのボンネットが写っているその訳は?
全体的にポップスのツボを的確に押さえた感じの曲が多く、好感が持てるアルバムです。しかも全曲オリジナル。メロデイアスで、コーラスも美しく、しかもビートが適度に効いているという、ソフトロックファンにはたまらない内容となっています。また、使われている楽器の種類も非常に多く、サウンド面でも飽きさせません。④の「JOANNA」はボサノヴァ調の美しいバラード。⑤の「SWEET TASTE OF LOVE」はサビに入ったところから展開される16分ビートの開放感がたまりません。⑧の「MUDDY RIVER WATER」は一部変拍子ですがポップで力強い曲。
これだけポップな曲がそろったアルバムですが、あまり売れなかったそうです。ロンはこの後、カフリンクスのファーストアルバムに参加することとなります(これも名盤)。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。