プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAM & DAVE

ベスト・オブ・サム&デイヴ ベスト・オブ・サム&デイヴ
サム&デイブ (1991/02/25)
イーストウエスト・ジャパン
この商品の詳細を見る


ソウルデュオといえば、彼らの右に出る人はいないでしょう。このアルバムはよくまとまったベスト盤。
何と言っても⑥の「HOLD ON,I'M COMIN'」。そして⑫の「SOUL MAN」。特にギターのスティーヴ・クロッパーが最高です。あのテレキャスから繰り出される6度のダブルストップフレーズは、私自身何度コピーしたことか。また、歌に入ったところのかっこいいカッティング。さらに、ドナルド・ダック・ダンのハネハネのベース。サザンソウルのバッキングのエッセンスが、この「SOUL MAN」一曲に嫌というほど詰め込まれています。この曲はブルース・ブラザーズのカバーでも有名ですね。ちなみに「HOLD ON」は、アメリカのプログレ・バンド、カンサスがなぜかカバーしていました。
それにしてもサムのヴォーカルは熱い。⑪の「SOOTHE ME」は先ほどのサム・クックのカバーです。サム・クックも相当ハイトーンのヴォーカルですが、このサム・ムーアはもっとハイトーンで、オリジナルよりもキーを上げて歌っており、さらに最後に転調してもっとキーを上げるという信じられないことをやりのけています。



Sam & Dave - The Best of Sam & Dave
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。