プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMOKEY ROBINSON & THE MIRACLES

The Ultimate Collection The Ultimate Collection
SMOKEY ROBINSON & THE MIRACLES (1998/02/10)
Motown
この商品の詳細を見る


それまでの黒人音楽のブルーノート偏重から西洋音楽の音階を取り入れた斬新なメロディとコーラス。キャッチーなメロディー。モータウンの第一号アーティスト。スモーキーの地声とファルセットの境界がわからない無段変速のようなハイトーンボイス(これはブライアン・ウィルソンと双璧を成します)。歌詞もすばらしく、ボブ・ディランも一目置いていたとのこと。これは、そんな彼らのベスト盤です。しかも、オリジナルアルバム未収録の曲もあります(②など)。
①の「GOING TO A GO-GO」(R&B2位)。ナックの「マイ・シャローナ」を思わせるドラムのイントロから始まる名曲です(というか、ナックがパクっているぞ)。まだ、初期ともあってドゥーワップ色が強いですが、メロディの独創性はすでに表れています。モータウン独特の、バック演奏がいろいろごった煮のように詰め込まれている感があり、素晴らしい曲となっています。②の「I SECOND THAT EMOTION」はいろいろなアーティストがカバーしている超名曲ですね(R&B1位)。もうこの曲になるとブルーノートはほとんど使われていません(一部ホーンで使われていますが)。③のヒット曲、「SHOP AROUND」(R&B1位)もドゥーワップ調で、ベースもウッドなんですが、やはりメロディがキャッチーなので聞けてしまいます。⑤の「BAD GIRL」は1959年に録音された彼らの古いドゥーワップ曲。スモーキーのファルセットがたまりません。⑧の「YOU REALLY GOT A HOLD ON ME」(R&B1位)はビートルズやゾンビーズなどのカバーでも有名ですね。スモーキーの方がキーが高いので、ビートルズ(ジョン)はAのキーですが、スモーキーはCのキーとなっています。⑨の「MICKEY'S MONKEY」(R&B3位)は素晴らしいダンス曲。O.V.ライトのカバーも素敵でした。⑪の「OOO BABY BABY」(R&B3位)はバラードの名曲。1965年の作品ですが、後のフィリーに通じるような華麗さを持っています。この時代にこんなメジャーセヴンス調の曲をつくることができるなんて絶句してしまいます。⑬の「MY GIRL HAS GONE」(R&B3位)もミディアムのややせつなさが漂う好ナンバー。コーラスが素晴らしいです。⑭の「THE TEARS OF A CROWN」(R&B1位、POP1位)はもはや古典です。イントロのフレーズが印象的です。⑯の「THE TRACKS OF MY TEARS」(R&B2位)もジョニー・リヴァースをはじめ、やはりいろいろなアーティストにカバーされている名曲です。⑲の「MORE LOVE」などを聞いていると、彼らがフィリーソウルに与えた影響は非常に大きかったのではないかと思われます。


Smokey Robinson & The Miracles - Smokey Robinson & The Miracles: Gold





スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。