プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPENCER WIGGINS(その2)

フィード・ザ・フレイム:ザ・フェイム・アンド・XLレコーディングス [日本語解説付]フィード・ザ・フレイム:ザ・フェイム・アンド・XLレコーディングス [日本語解説付]
(2010/07/21)
スペンサー・ウィギンス

商品詳細を見る


サザンソウルの偉大なシンガー、スペンサー・ウィギンスが60年代最後から70年代最初にかけてフェイムに残した音源の編集盤。彼の上手さは誰もが認めざるをえないところで、O.V.ライトのような悲壮感さえ漂わせているスタイルとはまた違った味わいがあります。
①の「I'M AT THE BREAKING POINT」からもうノックアウト!シャッフル調のハネたリズムに乗って、彼のボーカルは一聴して軽く歌っているような印象を受けますが、地声で軽くB♭まで引っ張っていきます。③の「THIS LOVE IS GONNA BE TRUE」はモダンでアレンジがアーバンなミディアム。この曲でもスペンサーのボーカルはグロウル気味の伸びのある声です。素晴らしい。⑤の「YOU'RE MY KIND OF WOMAN」は3連ミディアムバラード。時折ファルセットを交えたハートウォーミングな曲。⑥の「I CAN'T BE SATISFIED」はしっとりとしたバラード。これもまた名曲です。⑦の「I'D RATHER GO BLIND」はご存知「アメリカの天童よしみ」ことエタ・ジェイムスや「アメリカの竜鉄也」ことクレランス・カーター、「スコットランドの森進一」ことロッド・スチュワートなどで有名な曲。⑩の「MAKE ME YOURS」はベティ・スワンがR&Bチャートで№1を獲得した曲。ベティのバージョンが小奇麗にまとまっているのに対し、スペンサーの後半での暴れ具合はすごいものがあります。⑬の「LET'S TALK IT OVER」は、サイケ時代のテンプスを若干髣髴させるようなアレンジです。メロディーもキャッチーなので受けそうな曲ですが、こんな曲でもスペンサーの個性は少しも損なわれていないことに驚きを禁じえません。⑭の「I CAN'T GET ENOUGH OF YOU BABY」はファンキーな曲。⑮の「DOUBLE LOVIN'」は「アメリカのフィンガーファイブ」ことオズモンズで有名な曲。⑯の「LOVE MACHINE」はファンキーな曲。そして⑰の「LOVE ATTACK」。クールかつタイトでしかもファンキーで最高にかっこいいバックの演奏(スティーヴィー・ワンダーのSURERSTITIONに匹敵)に、スペンサーの爆絶シャウトが炸裂する驚異の傑作。最後はhihiDのシャウト連発でノドがつぶれそうな勢いです。⑱の「HIT AND RUN」はマイナー調のブルージーなミディアムファンク。これも味がある曲です。⑲の「BEST THING I EVER HAD」はマイナースローブルース。最後の曲は「CRY TO ME」。先日亡くなったソロモン・バークで有名な曲。これも素晴らしいカバーです。
スポンサーサイト

SPENCER WIGGINS

The Goldwax Years The Goldwax Years
Spencer Wiggins (2006/04/03)
Kent Soul
この商品の詳細を見る


お待たせしました、スペンサー・ウィギンスです。ソウル好きの方ならば避けては通れない、偉大なシンガーです。本アルバムは、彼が60年代にGOLDWAXに残した宝物です。
①の「ONCE IN A WHILE…」。偉大なバラード。イントロの重い女声コーラス。そして、スペンサーの「アーーーー」という出だしの声。いなたく鳴り響くホーン。もう本当に天上の音楽とはこのことだなぁと思ってしまいます。②の「OLD FRIEND…」も3連バラード。オルガンの音が良いですね。③の「THE KIND OF WOMAN THAT'S GOT NO HEART」は古くさいシャッフルの曲。それにしてもこの人のヴォーカルって鋭いんですよね。④の「LONELY MAN」はマイナー調の異色作。Am→C→F→Amというコード進行が日本人の琴線を打ちます。⑨の「I'LL BE TRUE TO YOU」も素晴らしい出来です。⑩の「TAKE ME JUST AS I AM」もやはり3連バラード。スペンサーの硬質のヴォーカルが十二分に発揮された曲です。ソロモン・バークのヴァージョンと比較してみてください。⑪の「THAT'S HOW MUCH I LOVE YOU」も必殺の3連バラード。サビでマイナーになるところなんて、まるでサザンソウルお決まりの泣きのパターンなのですが、スペンサーの熱いヴォーカルに涙するのみです。⑫の「I NEVER LOVED A WOMAN」はアレサ・フランクリンで有名ですが、彼も負けていません。⑬の「WHO'S BEEN WARMING MY OVEN」はジャンプナンバーですが、中音域での彼の声の良さが非常によくわかる逸品です。シャウトも良し、中音域の響きも良し、ファルセットも良しと、文句のつけようがないシンガーです。⑮の「SOUL CITY U.S.A.」は彼の代表曲のひとつです。タイトなジャンプナンバーですが、シャウトしまくりの凄まじい曲です。⑯の「SWEET SIXTEEN」はスローブルース。B.B.キングの持ち歌ですね。⑰の「UPTIGHT GOOD WOMAN」もやっぱり必殺の3連バラード。後半で半音上に転調するところや、サビのブレイクなんて、本当にゾクゾクします。名曲中の名曲です。⑳もどうしてやはり3連バラード。曲の良さはイマイチ劣りますが、ヴォーカルの素晴らしさは十分堪能できます。
最近は、ソウルの名盤でもすぐに廃盤になってしまいます。悪いことは言いません。このアルバムだけはその前にぜひ購入しておくことをお勧めします。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。