プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BARRINO BROTHERS

I shall not be moved I shall not be moved
Barrino Brothers (1999/07/19)
Sequel
この商品の詳細を見る


1973年、インヴィクタスから発表された奇跡の名盤。
①の「I HAD IT ALL」からもう最高。転がるようなパーカッションに続き、ナレーションが入ります。ストリングスが流れ、粘りのあるヴォーカルが聞こえてきます。そしてキャッチーなサビのコーラス。もう言うことのないミディアムダンサーです。②の「IT DOESN'T HAVE TO BE THAT WAY」はスローバラード。タッタカタッタカというベースラインが印象的です。このあたりはモータウンと違って、リズムが明らかにタメのあるつくりになっていることがわかります。コード進行もモダンで、エレキ・シタールなども入り、ムーディーな感じを漂わせています。ただモータウンと比べるとよく言えばシンプル、悪く言えば音が薄い、という感じがします。特にパーカッションのマラカスやタンバリンのチープさが解消されれば演奏に対してはもう言うことはないのですが。③の「RAIN」は、イントロの3秒で名曲とわかる偉大なバラード。ピアノとストリングス中心の演奏に、熱いヴォーカルと美しいコーラスが乗って、えもいえぬ味わいです。④の「TRY IT,YOU'LL LIKE IT」はファンキーな曲。これもキャッチーな名曲です。ちょっとサイケデリック・ファンクにかぶれた頃のテンプテーションズっぽい感じです。⑤の「I CAN'T BELIEVE YOU'RE GONE」はマイナー・ファンク。てっきりH-D-Hのペンによるものかと思ったら違っていました。60年代末のシュープリームスやフォー・トップスが歌いそうなナンバーです。⑥の「LIVIN' HIGH OFF THE GOODNESS OF YOUR LOVE」もマイナーファンク。ワウギターやパーカッションも入り、これはまるでテンプスのような曲です。だけどかっこいいんですよ。⑦の「WHEN LOVE WAS A CHILD」は3連のバラード。いきなり「泣きのコード進行」C→E7→Amです。雰囲気はサザン・ソウルにむしろ近いものがあります。
本盤は、再発されてもすぐに廃盤になってしまうようです。再発されたら、もしくは中古盤屋で見かけたらすぐに「買い」です。それだけの価値があるレコードです。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。