プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TEDDY PENDERGRASS その2

Teddy Pendergrass/Life Is a Song Worth Singing Teddy Pendergrass/Life Is a Song Worth Singing
Teddy Pendergrass (1999/03/02)
WestSide
この商品の詳細を見る


今回はテディ・ペンのソロ第1作と2作のカップリングです。まず1枚目の「TEDDY PENDERGRASS」から。
①の「YOU CAN'T HIDE FROM YOURSELF」はベースラインが印象的な曲。いかにもフィリーという感じのヒット曲です。②の「SOMEBODY TOLD ME」は華麗なストリングスと涼しげなパーカッションにテディの爆裂バリトンが強烈なナンバー。⑤の「I DON'T LOVE YOU ANYMORE」はサンバ調のリズムで始まる曲。⑧の「THE MORE I GET THE MORE I WANT」はベースのリフが大変かっこいい曲。ただ、このアルバムは印象的な曲が少ないのが難点。
次は2枚目の「LIFE IS A SONG WORTH SINGING」です。⑨のタイトル曲は、マイナー調のミディアムナンバー。ベースとユニゾンのストリングスのリフがかっこいい。テディのヴォーカルも、心なしか従来のシャウトしまくり路線と比べると、メロディーを歌っているような感じです。⑩の「ONLY YOU」は変なブーチィーかぶれのシンセベースが印象的なファンキーナンバー。パーカッションとマイナー調のメロディーが、かろうじてフィリーの良心を保っています。⑪の「COLD,COLD WORLD」はミディアムのムーディーなナンバー。こういった曲はテディにしか歌えません。⑫の「GET UP,GET DOWN,GET FUNKY,GET LOOSE」もファンク。正直、あまり印象に残らない曲。⑬の「CLOSE THE DOOR」はフィリーソウル有数の名曲(R&B1位)。ミディアムの哀愁漂うムーディーなナンバー。キャッチーなメロディとリフ、そしてテディのいつもよりいくぶん押さえたヴォーカル。テディ・ペンの代表曲です。⑭の「IT DON'T HURT NOW」はスローバラード。
曲としてのクオリティーは2枚目の方が優れていると言えるでしょう。
スポンサーサイト

TEDDY PENDERGRASS

Teddy Teddy
Teddy Pendergrass (1993/06/15)
The Right Stuff
この商品の詳細を見る


テディ・ペンのソロ第3作目。プロデュースはもちろん、ギャンブル-ハフにトム・ベル。
①の「COME ON WITH ME」から、もういかにもフィリーという感じのミディアムでムーディーな名曲。テディ・ペンに「COME ON WITH ME」なんて言われたらもう行くしかないでしょう、という魅力的な曲。②の「TURN OFF THE LIGHT」も同様の18禁ナンバー。「灯を消して、シャワーを一緒に浴びよう」なんて彼にしか歌えません。⑤の「IF YOU KNOW LIKE I KNOW」は一転してチョッパーベースが印象的な、マクファデン-ホワイトヘッドのペンによるマイナーファンク。⑥の「DO ME」はヒゲダンスの元ネタとしてあまりにも有名。志村けんがどの程度ソウルに精通しているか知りませんが、もし彼のアイデアだと言うのなら大したものです。ドリフのところでも書きましたが、ヒゲダンスのバックで流れるギターのカッティングの雑さはちょっとねぇ。⑦の「SET ME FREE」は、ゆったりとしたイントロから、一転して華麗なフィリーダンサーに突入するというクサい展開の曲。もうここまでくると様式美の世界ですよね。


Teddy Pendergrass - The Very Best of Teddy Pendergrass - Turn Off the Lights

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。