プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有山淳司

ありのままじゅんじ ありのままじゅんじ
有山じゅんじ (2005/02/16)
インディペンデントレーベル
この商品の詳細を見る


関西ブルースロックの重鎮、有山淳司が1978年に発表したソロファースト。アンプラグドのレイドバックしたサウンド。フォーク、カントリー、ニューオリンズ、ブルースなどのアメリカンルーツミュージックをリスペクトした好盤です。彼の歌は、上手いとは言えないのですが、舌足らずで人柄があらわれていそうな暖かいヴォーカルが魅力です。
①の「今日も気楽に」は、カントリーフォークのインストで良い雰囲気。②の「Baby もうすぐ帰るよ」はレイドバックしたニューオリンズというかレゲエというか、実にまったりとしたナンバー。③の「僕ムシャムシャクチャ」はウッドストック系の渋い演奏が光る曲。タテ笛のリコーダーがインパクトを添えています。④の「ほら あんなに月までブルームーン」はギターのアルペジオとピアノのみで歌われるスローな美しい曲。ちなみにピアノは中西康晴氏によるもの。⑤の「めざすは夢の宝島」はピアノをメインとしたブルース調の曲。⑥の「ディディ ワァ ディディ」は陽気なカントリーブルース。尾関隆のドブロがかっこいい曲。この曲と次の曲は、天王寺野音でのライブ録音。⑦の「行くあてなし」も⑥と同系統の曲。⑧の「Baby お前が好きだよ」は、このアルバムの中でいちばんキャッチーな曲。⑨の「今夜はカキ色の月が」はアコギとストリングスのバックで歌われるムーディーな曲。このギターは難しそう。⑩の「果てしない」はマンドリンのトレモロがせつない曲。

このアルバムよりも少し前に出された、上田正樹との共作「ぼちぼちいこか」も超名盤でおすすめしたいのですが、廃盤で入手困難みたいです…。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。