プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOM WAITS

クロージング・タイム クロージング・タイム
トム・ウェイツ (1998/05/25)
イーストウエスト・ジャパン
この商品の詳細を見る


1973年に発売されたファースト。彼には酒場が良く似合うと言われますが、実際そのとおりだと思います。いわゆるシンガーソングライターの範疇に入ると思うのですが、その立ち位置はかなり特異なものです。日本人で言えば河島英五か加藤登紀子か。
①の「OL'55」はイーグルスのカバーで有名な曲。②の「恋におそれて」。「店はもう終わりだ、音楽が消えていく、僕は最後にもう一本黒ビールをとった、君を見ようとふり向いたらどこにもいなかった…」といった歌詞です。③の「VIRGINIA AVENUE」はトランペットがフューチャーされたジャジーな曲。④の「OLD SHOES」はフォーク調の曲。ボブ・ディランっぽい感じ。⑤の「MIDNIGHT LULLABY」はタイトルとおり、ムーディーでジャジーでドリーミーな子守唄。⑥の「MARTHA」は昔の恋人に電話をかけているという設定の曲。オペレーターが出てくるところが、ジム・クロウチの「オペレーター」という名曲を髣髴させます。⑨の「ICE CREAM MAN」はシャッフルのキャッチーな曲。マイナー調のメロディーがなつかしさをそそります。
彼の根強いファンは非常に多く、この独特の世界に一度はまったらなかなか抜け出せない魅力を秘めています。今日はもうこれで「閉店」。


Tom Waits - The Early Years Vol. 2 - Ol '55
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。