プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PAUL McCRTNEY その2

Wild LifeWild Life
(1993/06/10)
Wings

商品詳細を見る


ポールのビートルズ脱退後3作目で、Wingsとしては1作目。71年発表。
このアルバムは、わずか3日ほどで製作した、いわばやっつけ仕事的なもので、そのラフなアレンジに対して評論家達の評価は非常に低いものでした。しかし、ポールらしいメロディーの良さは随一で、僕はオーバープロデュースしてしまうよりも、ポールのメロディーという「素材の味」というものを存分に楽しめるのではと思っています。また、本作の特色として美しいメロディーの他に、悲しく切ないメロディを持つ曲が多いということも言えるでしょう。
「MUMBO」はラフな即興のロックンロール。「BIP BOP」はシンプルなブルース進行の曲ですが、最後に一捻りあります。「All together now」のようなノベルティタッチが微笑ましい曲。「LOVE IS STRANGE」は、ミッキー&シルヴィアのカバー。次のタイトル曲「WILD LIFE」は、8分の6拍子のスローマイナーブルージーバラード。悲しく重いメロディラインも印象的ですが、ポールの鬼気迫るヴォーカルが胸を打ちます。本作からもわかるとおり、彼はエコロジストのパイオニアでもあるのです。最近、ポールは週に一日は肉食を断つという、「ミートフリーマンデー」を提唱しています。「SOME PEOPLE NEVER KNOW」は妻リンダの美しいコーラスが素晴らしいバラード。非常にやさしいメロディーです。次の「I AM YOUR SINGER」もリンダとのデュエット。ジョン・レノンの名作バラード「LOVE」に匹敵する美しくかつキュートなメロディーと歌詞です。半音ずつ下がっていくコード進行が斬新です。「TOMORROW」はビートルズ時代の「YESTERDAY」のコード進行を引用したという、ポールらしいアイデアのミディアムバラード。やはり美しいメロディー付です。「DEAR FRIEND」は、ジョンのことを歌ったという説があります。ほとんどピアノの弾き語りによる、重く悲痛な曲。
ボーナストラックの「GIVE IRELAND BACK TO THE IRISH」は政治的な曲。北アイルランドの「Bloody Sunday」を批判した歌。「MARY HAD A LITTLE LAMB」は一転して童謡。このような曲も書けてしまうという事実に彼の天才を感じてしまいます。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。