プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久保田麻琴と夕焼け楽団

ディキシー・フィーバー ディキシー・フィーバー
久保田麻琴と夕焼け楽団 (2003/07/25)
インディペンデントレーベル
この商品の詳細を見る


1977年の名盤。プロデュースは細野晴臣。全体的にニューオリンズ調の曲が多いといえます。バックは、ティンパンアレイ系の面子で固めています。
①もそうした曲。それにしても、久保田さんの声って、細野さんによく似ています。②の「ワイルド・アバウト・マイ・ラヴィン」もリトル・フィート調の曲。藤田洋麻のスライドギターとロニ・バロンのニューオリンズ・ピアノが素晴らしい曲。③の「らくだブルース」は少しハワイアンが入ったブルース。ハモンドオルガンが涼しげです。④の「ハートのメロディ」はカリビアンな感じ。⑤の「星くず」は本作のハイライト。アコギとパーカッションがメインの演奏に美しいメロディ。ソフトロックの傑作と言ってもよいでしょう。
本作は基本的に、細野氏のトロピカル路線に沿った趣向であるといえるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takayou.blog58.fc2.com/tb.php/107-61ea39bb

世界の音を訪ねる─音の錬金術師の旅日記/久保田麻琴(岩波新書刊)

自分が世界中で最も敬愛するアーティストのおひとり、久保田麻琴氏。 2006年の...

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。