プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANDI STATON

ベスト・オブ・キャンディ・ステイトンベスト・オブ・キャンディ・ステイトン
(2004/05/26)
キャンディ・ステイトン

商品詳細を見る


彼女の1969年から74年の間のFAME時代のベスト盤。ベスト盤と言っても、この時期の3枚のアルバムのうち、1枚目の「I'M JUST A PRISONER」と2枚目の「STAND BY YOUR MAN」からは全曲収録。3枚目の「CINDI STATON」からも6曲選出という、充実した内容となっています。
①の「I'M JUST A PRISONER」はかなりブルージーな曲。彼女のハスキーなヴォーカルがたまりません。②の「EVIDENCE」も同系統のブルージーなナンバー。このような曲を歌わせたら、ある意味アレサよりもはまっていると思います。⑤の「SOMEONE TO USE」は3連のブルージーなミディアムナンバー。⑥の「THAT'S HOW STRONG MY LOVE IS」はご存知O.V.のカバー。彼女の歌も心に沁みます。O.V.の方は徐々にこみ上げていくのに対し、彼女のヴァージョンは初めから全開といった趣です。⑦の「ANOTHER MAN'S WOMAN, ANOTHER WOMAN'S MAN」も3連のバラード。ローラ・リーのカバー。キャロキンの「DO RIGHT WOMAN・・・」に似た曲。⑫の「STAND BY YOUR MAN」の原曲はカントリー。1枚目のブルージーな路線から大きく踏み出した曲でもあります。⑭の「TOO HURT TO CRY」はピアノのハネたリフがクールでジャジーな曲。個人的には大好きな曲。⑰の「HAW CAN I PUT OUT THE FLAME」は3連の典型的なサザンソウルバラードの超名曲。所々にマイナーコードの隠し味も効果的に使われており、2番のサビにきたところで流れる涙を止めることができなくなるでしょう。22曲目の「GET IT WHEN I WANT」はブルージーなファンク。幾分、NORMAN WHITFIELDっぽいアレンジ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takayou.blog58.fc2.com/tb.php/162-a1f1075b

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。