プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COCTEAU TWINS

Garlands(紙ジャケット仕様)Garlands(紙ジャケット仕様)
(2005/02/23)
コクトー・ツインズ

商品詳細を見る


コクトーツインズのデビュー盤。1982年発表。
①の「BLOOD BITCH」。淡々としたリズムマシーンに、フェイザーの利いた透明なノイズのようなギター。エリザベスの狂気をはらんだヴォーカル。後のコクトーツインズに含まれる要素がすべてこの曲に含まれています。イギリスの荒涼とした気候を思わせるモノークロームなサイケサウンド。②の「WAX AND WAVE」の不思議と耳に残るメロディ。コクトーツインズの特徴は、モノクロームのサウンドに分かりやすいメロディです。③の「BUT I'M NOT」も同系統の曲。初期キュアーやジョイ・ディヴィジョン、バウハウス、ジョセフKなどに共通するような雰囲気です。⑤の「SHALLOW THEN HALO」は、ひたすらⅠ⇒Ⅱのコード進行を繰り返すという、最もおどろおどろしい曲。13thフロア・エレヴェーターズのビュンビュンという効果音のような音が聞こえてきます。それだけではなく、エリザベスのヴォーカルのビブラートもやはり同じようなビブラートがかかっています!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takayou.blog58.fc2.com/tb.php/176-7450055d

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。