プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLARENCE CARTER

ジス・イズ・クラレンス・カータージス・イズ・クラレンス・カーター
(2007/01/24)
クラレンス・カーター

商品詳細を見る


盲目の偉大なサザンソウルシンガーの1968年の作品でデビューアルバム。
②の「LOOKING FOR A FOX」は、SAM&DAVEの名曲、SOUL MANを髣髴とさせる渋いファンキーな曲。⑤の「I CAN'T SEE MYSELF」は3連のバラード。ややオーティスの曲のアレンジに似ていますが、なかなか良い別れの曲。⑥の「WIND IT UP」はファンキー路線の曲。これはJBの「I FEEL GOOD」の踏襲か。⑧の「THREAD THE NEEDLE」は暗喩バリバリのエッチな曲。どうぞ想像力をたくましくして下さい。⑨の「SLIP AWAY」は彼の代表曲。軽いテンポのミディアムナンバーに聞こえますが、所々に置かれるマイナーコード、彼の悲しげなヴォーカルが、切なさをこみ上げる名曲です。⑩の「FUNKY FEVER」はその名のとおりファンキーな曲。⑪の「SHE AIN'T GONNA DO RIGHT」もよくまとまった佳曲。⑫の「SET ME FREE」はバラードの名曲。オリジナルは、「思い出のグリーングラス」で有名なC&Wのカーリー・プットマン。それにしてもこの曲は悲しみが胸に突き刺さる秀逸なカバーです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takayou.blog58.fc2.com/tb.php/179-5a606784

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。