プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLARENCE CARTER その2

ザ・ダイナミックザ・ダイナミック
(2007/01/24)
クラレンス・カーター

商品詳細を見る


1968年発表作で彼の代表作。プロデュースはリック・ホール。
①の「I'D RATHER GO BLIND」はエタ・ジェイムズやスペンサー・ウィギンズのカバーでも有名なバラード。文字通り、盲目の彼が歌うと、また一味違った味わいです(とは言っても、悲しい失恋の歌ですが)。②の「THINK ABOUT IT」はオーティスのカバー。③の「ROAD OF LOVE」は渋いブルース。ギターで3トラック使用されているようです。④の「I'VE BEEN A LONG TIME COMIN'」はバリー・マンの曲。少し浮いた印象は否めません。⑤の「LIGHT MY FIRE」は何とお馴染みドアーズ。なんじゃこりゃ。この毒の抜かれ様はある意味すごい。珍曲です。⑥の「THAT OLD TIME FEELING」はサム&デイヴの「HOLD ON」にメロディーが似ています。⑧の「LET ME COMFORT YOU」はミディアムのハートウォーミングな佳曲。⑩の「TOO WEAK TO FIGHT」は彼の代表曲。ミディアムなのに微妙にハネた感じの、独特のアレンジは彼の真骨頂です。そしてやや哀愁を感じさせる彼のヴォーカル。最高の名曲です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takayou.blog58.fc2.com/tb.php/180-d0961f93

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。