プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EUGENE RECORD

ザ・ユージン・レコードザ・ユージン・レコード
(1999/10/27)
ユージン・レコード

商品詳細を見る


シャイライツを一時脱退したユージンレコードによる77年発表のソロアルバム。彼は先日残念ながら亡くなってしまいました。
①の「LAYING BESIDE YOU」は、タイトな音数の少ないミディアム・アーバン・レイドバック・ファンク。素晴らしい。こんなサウンドを作れる人が他にいるだろうか。②の「DANGER ! LOVE UNDER PRESSURE」はアップテンポのファンク。この曲もやはりシンプルでメロウな作りで好感が持てます。③の「HERE COMES THE SUN」も秀逸なグルーヴ感を持つ曲。カーティスやリロイ・ハトソンが好きな人なら気に入るはず。④の「OVERDOSE OF JOY」もやはり傑作。イントロのベースの動きからしてゾクゾクとします。本アルバムは、全体的にシャイライツ時代の作品よりも肩の力が抜けた、良い意味で軽くリラックスした感じに仕上がっています。⑥の「MOTHER OF LOVE」は優しいバラード。⑦の「LOVE DON'T LIVE BY SEX ALONE」はとてもファルセット気味のヴォーカルとコーラスが美しいスウィートでドリーミーな曲。⑧の「PUTTING DOWN」もやや甘茶的なバラード。⑨の「WHEN WE PULL THE SHADES」はマイナーコードのアーバンシティーバラード。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takayou.blog58.fc2.com/tb.php/190-14155097

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。