プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GALAXIE 500

This Is Our MusicThis Is Our Music
(1997/04/29)
Galaxie 500

商品詳細を見る


雰囲気が好きなバンドです。チープですがどこか心に残る重さがある感じ。あるいは、ライトボディのマイブラ、またはレイドバックして諦観の域に突入したように一見見えるが、実は奥に狂気を秘めている後期ヴェルヴェッツといった感じ。1990年の作品。タイトルが彼等の自負を表しているような気がします。
①の「FOURTH OF JULY」。たまに現われる中途半端なギターのブルーノートが不思議な違和感を醸し出しています。後のブーラドリーズに影響を与えていると思われるような曲です。②の「HEARING VOICES」も投げやりなボーカルが倦怠気味に風景描写をしている曲です。割れた音の間奏のヴァイオリンがグレート。③の「SPOOK」は、そんな彼等の個性がつまった傑作。時折聞かれる不協和音のコード。初期コクトーツインズを思わせるチープでダークな雰囲気。ヴォーカルと対となるハイトーンベースの旋律。マイナーコードの唐突のエンディング。最高です。⑤の「WAY UP HIGH」はイントロのリコーダーが意表を突きます。のどかな曲。⑥の「LISTEN, THE SNOW IS FALLING」はオノ・ヨーコのカバー。他に誰が彼女のカバーを本気でするでしょうか。でも、先入観無しで聞くと意外といい曲だったりします。⑧の「MELT AWAY」。一体何に溶けてしまいたいのでしょう。アルチュール・ランボーの名詩、「永遠」の一節を連想させます。

また見つかった、
何が、
永遠が、
海と溶け合う太陽が

⑨の「KING OF SPAIN」は、「KING OF PAIN」と思えて仕方がありません・・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takayou.blog58.fc2.com/tb.php/195-8887647e

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。