プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフコース その9

この道をゆけば/オフ・コース・ラウンド2(紙ジャケット仕様)この道をゆけば/オフ・コース・ラウンド2(紙ジャケット仕様)
(2005/03/24)
オフコース

商品詳細を見る


オフコースの第2作目。今、再評価されるべきアルバムだと思います。なんといってもバックの演奏がすごい。高橋幸宏、小原礼、村上ポンタなどの鬼気迫る演奏を聴くことができます。もうほとんどこれは「ファンク」といっても良いでしょう。
①の「プロローグ」はスキャット調のコーラスが美しい曲。この時代に日本のアーチストでここまでのコーラスワークができたグループは皆無でしょう。本アルバムは鈴木康博の印象の方が強いのですが、このころのヤスさんの曲のアレンジは冴えまくっていました。③の「はたちの頃」。このベースの凄さ!⑤の「別れの情景」は、前も書きましたが、スタイリスティックスの「YOU ARE EVERYTHING」の影響を明らかに受けたと思われる小田さん作の美しいバラード。サビに入る時の絶妙の転調が素晴らしい。⑦の「新しい門出」はヤスさんによるファンキーな曲。1974年当時にこんなアレンジの曲を出していたなんて信じられません。⑩の「のがすなチャンスを」は、この後彼等のライブの定番となるノリの良い曲です。⑪の「首輪のない犬」は、3拍子なのにファンキーな小田さんの曲!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takayou.blog58.fc2.com/tb.php/197-65371a9d

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。