プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふきのとう その4

風待茶房風待茶房
(1991/05/15)
ふきのとう

商品詳細を見る


ふきのとう初期の大傑作。
①の「やさしさとして想い出として」は、彼らの代表作の1つとされている三連バラード。別れの曲ですがさわやかな印象です。②の「街はひたすら」は、マンドリンのトレモロが切ない儚くて美しい一曲。③の「作品A」は、アコギのスライドが素敵な三拍子の曲。このころの彼らの曲には、ところどころアメリカンルーツの影響が感じられるような気がします。④の「君は人形」。S&Gのようなややハードフォークロックっぽいアレンジが新鮮。⑩の「風の船」は、彼等らしい、さわやかな曲(失恋の曲ですが)。間奏で転調するところやフレットレスベースの響きが絶妙にお洒落。そして、⑪の「運命河」。ふきのとう最大の傑作のひとつと言っても過言ではありません。特攻隊のことをうたった歌として、あまりに有名です。イントロの切ないマンドリン。細坪さんの一世一代の心のこもったうた。2番が終わったところの間奏で、いったん長調に転調しますが、この部分が幸せだった日々を回想させ、さらに聞く者の涙をそそります。このアルバムは、この一曲を求めて購入しても損はありません。もしこの曲が『永遠の0』の主題歌だったら、あなたの涙もきっと止まらなかったはず。⑫の「朝もやの中」は、⑪の後では一見軽い感じの曲ですが、なかなかどうして素晴らしい曲です。
スポンサーサイト

コメント

「運命河」について

takayouさま
音楽に幅広く詳しいのですね。
色々参考になります。
ふきのとうの「運命河」、特攻隊の事を歌ったということは、長年のファンですが初耳です。
コンサートのMCでもその他でも聞いたことは無かったです。
情報の入手先を教えていただけませんか。

Re: 「運命河」について

bowさま

お返事が遅くなってごめんなさい。最近忙しかったものですから。
ご質問の件ですが、昔からこの曲が好きで、ネットでいろいろ検索していたら発見したものです。これからもご愛読よろしくお願い致します。

> takayouさま
> 音楽に幅広く詳しいのですね。
> 色々参考になります。
> ふきのとうの「運命河」、特攻隊の事を歌ったということは、長年のファンですが初耳です。
> コンサートのMCでもその他でも聞いたことは無かったです。
> 情報の入手先を教えていただけませんか。

「運命河」について お礼

takayouさま、お忙しい所お返事をありがとうございました。
1月のうちは、ちょこちょこ覗いたりしていたのですが、本日久しぶりに思い出してここに着てみてよかったです。
あの歌詞の不思議感は、戦争ということならば、納得できますよね。
山木さんは、こういった行間に意味を漂わせる表現をよくしますよね。
これからもよろしくお願いします。

山木さん

こんにちは。ふきのとうを検索していたらここにたどり着きました。今度の日曜、9月9日に山木さんが「トクゾー」にやってきますよ!ライブが見られますよ~。

Re: 山木さん

こんにちは。コメントありがとうございます。最近は忙しくてブログを更新できていません。また余裕ができたら復活しますので、よろしくお願いいたします。



> こんにちは。ふきのとうを検索していたらここにたどり着きました。今度の日曜、9月9日に山木さんが「トクゾー」にやってきますよ!ライブが見られますよ~。

運命河について

初めまして。昔からのふきファンですが運命河は特攻隊を歌っているというのは、ファンの間で定説ではないと思います。
誰かがそういうイメージを持って聞いた感想がネットで一人歩きしてるのだと思います。
それぞれイメージは自由ですけどね。
ただ当時のふきのとうは叙情派フォークと言われていて、反戦ソングは歌ってないですよ。
私はこの曲は、この世では結ばれない運命の女性との別れという架空の物語を歌ってるんだと思っています。
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」や「よだかの星」の優しいイメージです。
特攻隊のイメージになってしまうのは、ちょっと残念です。

Re: 運命河について

コメントありがとうございます。
作者の意図と、読者の解釈との間の関係は、昔から議論されてきたところです。
作者の意図が優先され、読者の独自の解釈の余地が少ない作品もあれば、逆に作品の抽象性が高い作品などは
作者の手を離れた瞬間に、読者の解釈に委ねられるものだと思います。
運命河は、歌詞に特攻隊のことが具体的に書かれているわけではないですし、深読みすれば特攻隊のことを歌っていると思えなくもないといった印象です。
あなたの言われるように、この世で結ばれない運命の女性との別れの曲かもしれませんし、それはリスナーの方がそれぞれ感じ取ってもらえればよいのではないでしょうか。


> 初めまして。昔からのふきファンですが運命河は特攻隊を歌っているというのは、ファンの間で定説ではないと思います。
> 誰かがそういうイメージを持って聞いた感想がネットで一人歩きしてるのだと思います。
> それぞれイメージは自由ですけどね。
> ただ当時のふきのとうは叙情派フォークと言われていて、反戦ソングは歌ってないですよ。
> 私はこの曲は、この世では結ばれない運命の女性との別れという架空の物語を歌ってるんだと思っています。
> 宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」や「よだかの星」の優しいイメージです。
> 特攻隊のイメージになってしまうのは、ちょっと残念です。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takayou.blog58.fc2.com/tb.php/201-06ccb89c

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。