プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE IMPRESSIONS

ピープル・ゲット・レディピープル・ゲット・レディ
(1994/08/24)
インプレッションズ

商品詳細を見る


1965年に発表された名盤中の名盤。すべての曲は、カーティス・メイフィールドのペンによるもの。私事になりますが、私もカーティスに憧れて、その昔フェンダーシンラインというギターを買いました。あの変則チューニングだけは真似できませんでしたが。
①の「WOMAN'S GOT SOUL」はハネた感じの都会的なミディアムナンバー。カーティスのスムースなボーカルが映える曲です。②の「EMOTIONS」は古臭いアレンジのマイナーバラードで、本アルバムでは浮いた曲調。ハッキリ言って謎です。③の「SOMETIMES I WONDER」はブルージーな曲。カーティスのギターのリフもカッコいい。⑤の「JUST ANOTHER DANCE」はカーティスのファルセットが印象的なハッピーな曲。心が温まります。⑥の「CAN'T WORK NO LONGER」も②と同じような路線。ディスコグラフィーによるとこの2曲の録音時期はやや古いとのことです。そして⑦の「PEOPLE GET READY」です。すべてのソウルの中でベスト10に入ると思われる名曲中の名曲です。公民権運動を背景としたと思われる宗教的で崇高な歌詞、新しい時代を切り開いた斬新なコーラス展開、カーティスの瑞々しいギター、何度聞いてもため息しか出ません。この曲は、アレサ・フランクリン、ロッド・スチュワート、ボブ・マーリー、ヴァニラ・ファッジ、山下達郎などの多くのミュージシャンによって、カバーされています。私にとって、サム・クックの「A CHANGE IS GONNA COME」と比肩するべき偉大な曲です。⑧の「I'VE FOUND THAT I 'VE LOST」は失恋のバラード。カーティスの悲しい声が胸を締め付けます。⑨の「HARD TO BELIEVE」もやはり同様の切ない曲。⑩の「SEE THE RAL ME」も素晴らしいラブソング。単なるラブソングではなく、信仰心あふれた歌詞でやはり胸を打ちます。⑪の「GET UP AND MOVE」はダンスナンバー。メロディーもキャッチーで素晴らしい。⑫の「YOU MUST BELIEVE ME」もダンスナンバー。カーティスのブルージーなリフも聞き物。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takayou.blog58.fc2.com/tb.php/207-897f89b1

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。