プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JOE JACKSON

ナイト・アンド・デイナイト・アンド・デイ
(2006/12/20)
ジョー・ジャクソン

商品詳細を見る


奇才、ジョー・ジャクソンの1982年の作品。全体として、ピアニストの彼らしく、ピアノタッチとパーカッションの曲が多いのが特徴です。また、当時ジャイブに興味を持っていたようで、随所にその影響が見られます。A面がNIGHT SIDE、B面がDAY SIDEと銘打たれています。
①の「ANOTHER WORLD」は軽いタッチのキャッチーな曲。インテリの彼らしい、知的なアレンジと緻密な構成です。②の「CHINATOWN」は、欧米人がよく中国風の曲を演奏する時のステレオタイプを部分的にも取り入れながら、そこからはみ出した部分もある不思議な曲です。①で「別世界に入った」と言っといて、②で「チャイナタウンを探してる」という流れがおもしろく感じられます。⑤の「STEPPIN' OUT」は彼の代表作。そういえば以前、ドイツ人の友達をカラオケに連れて行ったときに、最初にこの曲を歌いました。なんて渋い選択なのだろうかと感心しました。「我々の暗闇の世界にいることに疲れ果て」、B面のDAY SIDEへと移ります。⑥「BREAKING US IN TWO」は本アルバム中、最も美しい曲。ピアノによるバラード。⑦の「CANCER」はシニカルな歌詞がおもしろい曲。「すべてのものがあなたをガンにする。治療法もないし、解決策もない・・・」。⑨の「SLOW SONG」は、その名のとおりスローバラード。雄大で最後の曲に相応しい展開です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takayou.blog58.fc2.com/tb.php/212-b69aa374

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。