プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE NEW COLONY SIX

Colonized! The Best of New Colony SixColonized! The Best of New Colony Six
(1993/04/06)
New Colony Six

商品詳細を見る


NEW COLONY SIXは、60年代から70年代初めにかけて活躍したシカゴのバンド。本作はベスト盤。今でも再結成して活動しているようです。
①の「I CONFESS」は彼等のファーストヒット。ポール・マッカートニー風のメロディーに、オルガンとレズリーっぽいギターをフィーチャーした、ブリティッシュ風のサウンドが美しい曲。④の「AT THE RIVER'S EDGE」は、ハーモニカをフューチャーしたヤードバーズ風のブルース。⑤の「CADILLAC」も同系統の曲。⑦の「LOVE YOU SO MUCH」になるとまたがらりと趣向を変えて、コーラスを取り入れたソフトロック調のキャッチーなアプローチ。12弦ギターが効果的です。アルバム毎にサウンドアプローチを大きく変えていきます。⑨の「I'M JUST WAITING ANTICIPATING FOR HER TO SHOW UP」は、バックがチェスのミュージシャンによって演奏されているそうです(モーリス・ホワイトも加わっていたとか)。ホーンセクションを導入した意欲作です。⑪の「TREAT HER GROOVY」は、キャッチーでグルーヴィーで、コーラスも美しいかなりの傑作。⑫の「I WILL ALWAYS THINK ABOUT YOU」は美しい夢見心地なバラード。⑭の「THINGS I'D LIKE TO SAY」も同様のバラード。全米16位を記録した彼等最大のヒット。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takayou.blog58.fc2.com/tb.php/226-2c07e10d

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。