プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE O'JAYS その3

サバイバル(生存者)サバイバル(生存者)
(1994/01/21)
オージェイズ

商品詳細を見る


1975年発表。プロデュースは、ギャンブル=ハフ。レコーディングはシグマスタジオで、演奏はM.F.S.B。
①の「GET THE PEOPLE WHAT THEY WANT」は、バリバリのファンク。躍動感のあるベースのリフ。Pファンクにも匹敵するような最高にカッコいい曲です。②の「LET ME MAKE LOVE TO YOU」は、いかにもフィリーという感じの雄大なバラード。彼等の全キャリアの中でも最高の部類に入る大傑作です。エディ・リヴァートのリードに心を動かされます。レジーナ・ベルがカバーしていました。③のタイトル曲もリフが印象的なファンクチューン。④の「WHERE DID WE GO WRONG」は、ウォールターのリード。エディのような荒々しさはありませんが、ソフトな歌い口は好感が持てます。⑤の「RICH GET RICHER」は、ゲットーもののファンキーな曲。ダイナミックなフィリーソウルの王道を行くバックに、エディとウォルターの掛け合い。そこにウィリアム・パウエルのベースが重厚さを添えています。歌詞も痛烈な社会批判を繰り広げており、これも彼等の最高傑作の1つと言ってよいでしょう。⑥の「HOW TIME FLIES」はスローバラード。⑦も曲としてはイマイチ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takayou.blog58.fc2.com/tb.php/227-cdeffe3e

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。