プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARETHA FRANKLIN (その3)

アレサ・ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト(デラックス・エディション)アレサ・ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト(デラックス・エディション)
(2007/11/21)
アレサ・フランクリンレイ・チャールズ

商品詳細を見る


1971年のフィルモア・ウェストでのライブ。演奏は彼女自身のピアノに加え、ビリー・プレストン(キーボード)、コーネル・デュプリー(ギター)、ジェリー・ジェモット(ベース)、バーナード・パーディー(ドラム)、プーチョ(コンガ)、そしてキング・カーティスとメンフィス・ホーンズと豪華な布陣。また、ゲストとして、レイ・チャールズも参加しています。
①のご存知、「RESPECT」。スタジオ盤よりかなり速いテンポです。というより速すぎます。②の「LOVE THE ONE YOU'RE WITH」はスティーヴン・スティルスの曲。原曲もフォーキー・ゴスペル・ソウルっぽくてかっこいいのですが、本ライブでの演奏もカッコいい。プーチョのコンガにバーナード・パーディーの独特なドラミングが良く絡んでいます。ちなみにこの曲はスティルスがビリー・プレストンにインスパイアされて作ったそうですが、こうやってビリーに演奏されるとは感慨深いものがあります。③の「BRIDGE OVER TROUBLED WATER」はS&Gのカバー。ポール・サイモンもこの曲をゴスペルを意識して書いたそうですが、曲が進むに連れてハイになっていく感じは鬼気迫るものがあります。ソウルチャート№1のヒット。④の「ELENOR RIGBY」はビートルズ。原曲のEm⇒Aというコード進行を、D7⇒G7というようにブルージーに解釈したのが斬新。⑤の「MAKE IT WITH YOU」はソフトロックグループ、ブレッドのカバー。この曲も良い仕上がりで、原曲とはまた違った味わいを引き出しています。EW&Fやオリジナルズ、テディ・ペンやデニース・ブラウンなどもカバーしています。⑥の「DON'T PLAY THAT SONG」は彼女の先のアルバム『SPIRIT IN THE DARK』で発表した曲。ちなみに最初にレコーディングしたのは、ベン・E・キング。ベンのヴァージョンとは異なり、3連シャッフル調の軽やかなアレンジ。バーナードのタイトなドラミングが素晴らしい。⑦は「DR. FEELGOOD」はアレサのヴォーカルが素晴らしい。観客とのコール&レスポンスも臨場感たっぷり。⑧は「PPIRIT IN THE DARK」。⑨のリプライズでは、レイ・チャールズも参加。素晴らしい二人の掛け合いにただ酔いしれるだけです。最後の⑩「REACH OUT AND TOUCH」はダイアナ・ロスのソロ第一弾シングルのカバー。コンサートの最後に相応しいバラードです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takayou.blog58.fc2.com/tb.php/247-95320967

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。