プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフコース

ワインの匂い(紙ジャケット仕様) ワインの匂い(紙ジャケット仕様)
オフコース (2005/03/24)
東芝EMI
この商品の詳細を見る


オフコース初期の名盤中の名盤。日本ソフトロック史に燦然と輝く金字塔。オフコースにとっての3枚目のスタジオアルバム。オフコースは後に松尾和彦など3人が加わりますが、それ以前の小田和正と鈴木康博とのデュオ時代にも捨てがたい魅力があります。5人の時代は、アメリカウェストコースト風のイーグルスやTOTOを思わせるAOR路線だったわけですが、2人の時代はA&Mなどのソフトロック路線に近く、近年のソフトロック再評価とともに、再び彼らの音楽が日本のソフトロックのさきがけとして見直されてしかるべき存在であると思います。オフコースの初期の音楽は、特に知的、学究的にもすぐれているものが多いのが特徴的です。ジャケ裏に譜面がついているサービスが時代を感じさせますし、個人的にはうれしい限りです。
①は、タイトルのように雨音のBGMから静かに入る曲。曲調がBmのマイナーコード曲なのに、出だし音だけがメジャーのBで入るところ、全体としてヨーロピアンな感じが出ているところがビートルズの「ミッシェル」を思わせます。ウッドベースのチョイスも渋い。最近の曲とはまた違った小田和正のソフトなヴォーカルも魅力的です。②は鈴木康博のアコースティックタッチな曲。③は西城秀樹のカバーでも有名な彼らの代表曲。ただ、このアルバムのなかでは異色なほどポップ。サビのコーラスは、今後のオフコース流コーラスの原型が聞けます。④も小田和正の美しい名曲。基本は3拍子なのですが、間奏で5拍子が入る変則的な進行です。コード進行もSUS4を交えながら半音で下がっていく独特の転調を繰り返しています。⑤もこれまた名曲。ユーミンに触発されてつくったという説もあります。メジャーセヴンスやナインスなどを多用したコード進行がおしゃれ。特筆すべきは小田和正の歌詞で、一人称で語られる話者の主体が女性と男性にめまぐるしく入れ替わるという、それでいて小田和正独特の象徴的歌詞が光るという逸品。話は変りますが、最近の小田さんの歌詞は変に饒舌になってしまっておもしろくありません。これも時代の流れでしょうか、聞き手のイマジネーションをくすぐる歌詞ではなくなってきています。この話題は後日あらためて行いたいと思います。⑥はふたたびヤスさんの曲。初期のオフコースのアルバムは、小田さんと鈴木さんの曲がほぼ半々でした。ただ、この辺の力関係はあのビートルズでも難しかったところ。やがて、ポールじゃないけど小田さんの曲が人気を得てくるようになります。⑦もヤスさんの曲。このアルバムでも正直言って小田さんの曲のほうが良い。ただ、アレンジャー、プレイヤーとしてのヤスさんの力量はすごいと思います。⑧は小田さんの小曲。途中で言われなければ分からないようなさりげない転調があるのがポイント。⑨はヤスさんのヘビーなナンバー。ウッドベースがかこいい。⑩は多くの人が名曲と称える曲。シングルカットもされていないのに、多くの人がオフコースのベストと賞賛しています。彼らにはもっと良い曲が他にもいっぱいあるんですね。⑪は小田さん、鈴木さんの共作。⑫はしみじみ胸に響く静かな曲。当初は「みんなのうた」のためにつくったそうですが、扱うテーマが「老人」と「死」では採用されるはずもありません。ということで、ソフトロックという文脈でこのアルバムを聞いてみると、この時代に日本でもこんなに先進的な音楽があったのかということに驚かされます。大瀧詠一、山下達郎、細野晴臣などとともに彼らは間違いなく当時の音楽シーンの最先端を走っていました。
スポンサーサイト

コメント

先日は名前を忘れていました。nacoと申します。
このアルバム「ワインの匂い」も聴いたのはごく最近のことです。ですが、「眠れぬ夜」や「ワインの匂い」「愛の唄」は他のアルバムで知っていました。

ところで一曲目の「雨の降る日に」ですが、この中の歌詞

赤いパラソルにはあなたが似合う

これについていろんなブログで“普通ではない”的な指摘をしています。私はユーミンの「海を見ていた午後」の歌詞

紙ナプキンにはインクがにじむから

みたいな感じだと簡単に考えて“ユーミンの歌詞の影響かしら”などと思っていましたがそこのところはどうお考えになりますか?お答えいただけたらうれしいです。

Re: タイトルなし

nacoさま

コメントありがとうございます。
この曲の歌詞は難解で、僕もどう捉えていいのかよくわかりません。
「赤いパラソルにはあなたが似合う」については、普通であれば「あなたには赤いパラソルが似合う」という語順になります。
僕がまず思いついたのは、中原中也の「別離」という詩で、「さよなら さよなら!あなたはそんなにパラソルを振る 僕にはあんまり眩しいのです」というくだりでした。
ただ小田さんがこの詩を知っているかどうかはわかりません。(「さよなら さよなら!」というのは偶然でしょうか?)

①メロディーにあうような歌詞をのっけるためにこのような語順にした説
②当時流行していた井上陽水の「傘がない」へのアンチテーゼ説
③nacoさんのご指摘の、ユーミンからの影響説

などが考えられます。いずれにしても、「赤いパラソル」を強調したことで、まるで梶井基次郎の小説「檸檬」のように、この曲のカラーイメージが鮮烈になってくるような気がしませんか?
さらに、「あかい」「あなたが」「あめのふるひは」と、「あ」音の頭韻も印象に残ります。
他にも雨の効果音、「静かな夜」「電話の音」「寒さ」など、五感を駆使したイメージも歌詞にふくらみを持たせていると思います。
ちなみに、wikipediaで「小田和正」を調べてみると、「オフコースが発表したシングルのA面のほとんどは小田の曲であり、そのシンプルで、ストレートに愛を歌う歌詞とハイトーンの澄んだボーカルはオフコースの大きな特色であった」とありますが、小田さんの歌詞は決してストレートに愛を歌ったものでなく、むしろ屈折しまくっているというのが僕の意見です。
これからも、お気づきの点などございましたら、コメントいただけると嬉しく思います。





> 先日は名前を忘れていました。nacoと申します。
> このアルバム「ワインの匂い」も聴いたのはごく最近のことです。ですが、「眠れぬ夜」や「ワインの匂い」「愛の唄」は他のアルバムで知っていました。
>
> ところで一曲目の「雨の降る日に」ですが、この中の歌詞
>
> 赤いパラソルにはあなたが似合う
>
> これについていろんなブログで“普通ではない”的な指摘をしています。私はユーミンの「海を見ていた午後」の歌詞
>
> 紙ナプキンにはインクがにじむから
>
> みたいな感じだと簡単に考えて“ユーミンの歌詞の影響かしら”などと思っていましたがそこのところはどうお考えになりますか?お答えいただけたらうれしいです。

ありがとうございます!
takayou様の私の質問に対する回答大変勉強になります。
「あ」音がたくさんあるのも、五感を駆使しているということも
「なるほど」と納得です。小田さんの「あ」音は私も昔から好きでした。「売れ線」を意識していた頃の曲は特に多かったように思います。

小田さんの本で曲作りではいつもメロディが先に出来てその後に詞をつけるのが大変だったとありました。①があっているように思いました。


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takayou.blog58.fc2.com/tb.php/35-37eb4eaf

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。