プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OTIS REDDING

Pain in My Heart Pain in My Heart
Otis Redding (1991/11/05)
Atco
この商品の詳細を見る


The Great Otis Redding Sings Soul Ballads The Great Otis Redding Sings Soul Ballads
Otis Redding (1991/06/11)
Atco
この商品の詳細を見る


Otis Blue: Otis Redding Sings Soul Otis Blue: Otis Redding Sings Soul
Otis Redding (1991/06/11)
Atlantic
この商品の詳細を見る


お待たせいたしました。オーティス・レディングの初期の3枚です。どれも掛け値なしの名盤といえます。
一枚目。曲調は特にカバー曲においてR&B色が強く表れていますが、唱法はオーティス以外の何者でもないという個性がすでに強く表れています。当時においては、このような新人が現れたということは驚愕だったと容易に想像がつきます。②はルーファス・トーマスのカバー、③はベン・E・キングの有名な曲、⑤はサム・クックのカバー、⑧はリチャード・ベリーのカバーでキンクスなんかも演っていた曲、⑫はリトル・リチャードのカバーで、この辺にオーティスのルーツが垣間見えます。オリジナルでも、⑦、⑩、⑪なんかは最高で、特に⑩なんて後のオーティスのプロトタイプともいえる曲調の名曲です。ホーンセクションの印象的なフレーズがいかにもです。⑪も超ディープなスローバラード。オーティスのシャウトがすごい。2オクターブ上のE♭をやすやすとシャウトしてしまうその迫力には脱帽です。
二枚目。タイトル通りバラード中心のラインナップです。①は天下の名曲。個人的にはO.V.ライトの方が好きなんですが。ストーンズブライアン・フェリー、ローラ・リーなどもカバーしてますね。③はジャッキー・ウィルソンのカバー。④は自作の傑作バラード。ホーンのリフがかっこいい。DEXY'S MIDNIGHT RUNNERSのGENOという曲は、この曲にそっくり!⑦はジェリー・バトラーのカバー。⑩はソロモン・バークのカバー。こうカバーが多いと、日本の演歌アルバムの様相を呈してきます。⑫は本アルバムでは珍しいアップテンポの曲。ベースラインがかっこよく、ベーシストがルイス・スタインバークでなくドナルド・ダック・ダンであると推測されます。オーティスの名曲ってホーンのメロディーが印象的なものが多いのですが、この曲も同様に最高にかっこいいです。
三枚目。いよいよオーティスの最高傑作です。①からいきなり名曲。ベースのリフ。A→E→F#→G→E→Aというセヴンスの入ったリフがなんともいえません。またやるせないホーンセクションも最高です。②もアリサのカバーで有名な曲です。しかしこの曲に関してはオーティスの勝ち。そして③!。すべてのソウルの名曲の中で、私が最も好きな曲のひとつです。サム・クックのオリジナルも素晴らしいですが、オーティスのこのバージョンも素晴らしい。幾多のアーティストがこの名曲をカバーしましたが、このオーティスのバージョンに勝るものがあったでしょうか。後半のオーティスの絶唱と、鳴り響くホーンセクションのところなんてまさに涙なくして聞けません。④は再びソロモン・バークのカバーです。あの「ガッタガッタ…」っていうところもしっかりと押さえています。ドナルド・ダック・ダンのベースも冴えをみせます。このハネ具合、最高です。⑤はオーティスの最高傑作。サビのところでA→C#7→D→Fという究極の「サザンソウル泣きのコード進行」を聞くことができます。⑥もサム・クックのカバー。⑦はテンプテーションズの有名な曲のカバー。モータウンとMG'Sのサウンドの違いがわかって興味深い。上手く言えないのですが、オーティスのヴォーカルはテンプスのデヴィッド・ラフィンの角を面取りしたような深い歌い方をしているように思えます。⑧もサム・クック。本当にサムのことが好きなんですねぇ。⑨はB.B.キングの曲。⑩は言わずもがなストーンズの曲。⑪はSTAXのウィリアム・ベルの名曲。ベルはそんなにディープな人ではないため、オーティスの特徴が一層よくわかります。



ダウンロードと試聴は ↓



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takayou.blog58.fc2.com/tb.php/44-b695c11c

メリー・クリスマス

200万枚の大ヒットとなった今作。 クリスマスの定番としてあまりにも有名なミリオンセラー曲『恋人たちのクリスマス』や『もろびとこぞりて』『きよしこの夜』などクリスマスの名曲のカバーも収録。『O Holy Night』はアギレラやセリーヌもカバーしてますが個人的にはマラ...

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。