プロフィール

takayou

Author:takayou
名古屋在住の35歳男性です。ソウル、ソフトロック、ポップスの、ややマニアックな名盤を紹介します。やはり良い音楽は、CDやLPとして持っておきたいものですね。


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROBERT PALMER

Sneakin' Sally Through the Alley Sneakin' Sally Through the Alley
Robert Palmer (1990/06/15)
Island
この商品の詳細を見る


1975年発表の彼のデビュー作。そして、なんといきなりのニューオリンズ!しかもバックは、リトル・フィートやミーターズですよ。
①の「SAILING SHOES」はもちろんリトル・フィートの有名な曲。しかも、オリジナルよりもヴォーカル面では素晴らしい。80年代の彼のヴォーカルと比べると、声の伸びが全然違います。ブルーアイドソウルシンガーとしては、間違いなく彼は一流でした。③のタイトル曲はアラン・トゥーサン作の渋いナンバー。コード進行がB→B→E→Dと、ストーンズの「JUMPIN' JACK FLASH」を思わせ、なかなかのものです。⑤の「BLACKMAIL」はローウェル・ジョージとの共作。最高に渋すぎます。80年代にヒットした「恋におぼれて」なんかは良い曲とは思いますが、今聞くとちょっと古くさく感じてしまいます。しかし本作はほとんどそんなことを感じさせません。
それにしても、ニューオリンズサウンドはソウルミュージックとしては傍系の扱いであり、とてもやるせない気持ちを抱いております。個人的には、LEE DORSEYが大好きなのですが…。


Robert Palmer - Robert Palmer: At His Very Best


ベスト盤の試聴とダウンロードは ↓



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takayou.blog58.fc2.com/tb.php/61-21aa5ed8

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。